人気ブログランキング |
2009年 03月 21日
★梁山泊の108人 其之十八
「絵巻水滸伝」第二部は、108人の好漢が梁山泊に集結した数年後から始まりますが、みなさんちゃんと108人全員のことを覚えているでしょうか?
何人か忘れてしまった人も、もちろん全員、宿星とあだ名まで覚えている、という人も、もう一度復習してみましょう。
席次順ではなく、集結後に定められた梁山泊での役割順に紹介します。
あの好漢は、梁山泊でどんな仕事をしているのでしょう?

b0145843_1591048.jpg


★騎兵小彪将兼斥候

38★地サツ星“鎮三山”黄信
(ちさつせい ちんさんざん こうしん)


もとは青州の兵馬都監(州軍の指揮官)。喪門剣の使い手で、青州管内にある三山の賊を武勇で威圧すると豪語していた。そのため、あだ名は“鎮三山”。青州三山とは、すなわち燕順率いる清風山、魯智深、武松らの二竜山、李忠と周通の桃花山のこと。この清風山と賊の通じたとして、“及時雨”宋江および同僚の“小李広”花栄を捕らえるが、護送途中を燕順らに襲撃され、清風塞へ逃れて防備を固めた。間もなく上官の“霹靂火”秦明が援軍に来るが、これも花栄らに敗れ投降してしまう。やがて黄信は秦明とともに官を捨て、梁山泊の一員となった。“霹靂火”秦明の弟子であり、義弟。

by suiko108blog | 2009-03-21 02:01 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(0)


<< ★梁山泊の108人 其之十九      諸葛亮フィギュア >>