人気ブログランキング |
2009年 03月 08日
★梁山泊の108人 其之十六
「絵巻水滸伝」第二部は、108人の好漢が梁山泊に集結した数年後から始まりますが、みなさんちゃんと108人全員のことを覚えているでしょうか?
何人か忘れてしまった人も、もちろん全員、宿星とあだ名まで覚えている、という人も、もう一度復習してみましょう。
席次順ではなく、集結後に定められた梁山泊での役割順に紹介します。
あの好漢は、梁山泊でどんな仕事をしているのでしょう?

b0145843_0192682.jpg


★騎兵軍八驃騎兼先鋒使

23★天微星“九紋竜”史進
(てんびせい くもんりゅう ししん)


全身に九匹の竜の刺青があることから、“九紋竜”とあだ名される若者。もとは華州華陰県の史家村に住む富農の息子で、幼少から家業を嫌い、槍棒ばかりにかまけてい た。それを苦にした母親は病んで死んでしまったが、老父は一人息子に金を惜しま ず、彫り師を招いて刺青を彫らせたり、武芸の師匠を雇ったりと好きなようにさせていた。それがある時、逃亡中の元禁軍棒術師範・王進の弟子となり、武芸十八般の奥義を極める。その後、少華山の朱武らと交わるようになり、山賊と通じていると密告されて逃亡者となり、やがて梁山泊の一員となる。指揮官としてより個人的な武勇に優れた将であるため、戦ではよく“神機軍師”朱武が補佐につけられている。

by suiko108blog | 2009-03-08 00:24 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(2)
Commented by 雲海 at 2009-03-08 22:37 x
こんばんわ。
本日「天地人」見ておりまして上杉謙信像のお姿が妙に晁蓋殿に見えて仕方なかったのであります。毘沙門天つながりですし、やはり…。先日の水滸伝の謎も面白いですね! 席次と役職・・・確かに一致しませんなぁ。個人的に楊志は五虎将でもイケルと思ってるのであります。
Commented by suiko108 at 2009-03-09 12:48 x
謙信も志なかばで死んでしまいましたね。晁蓋はあんなイケメンではありませんが…。確かに、お寺などで毘沙門天を見ても、晁蓋のことを思い出すようになりました。どこかのお寺に、女神様の上に乗っている毘沙門天もあるんですよ!
楊志…ちょっと席次も低いですよね…。楊家なのに。五虎将の条件は指揮能力とカリスマ性でしょうか。楊志は生辰綱輸送でリーダーシップのなさが…。


<< ★梁山泊の108人 其之十七      ★梁山泊の108人 其之十五 >>