2008年 06月 27日
SUIKO108 クロニクル 人物編・王進(第1巻)
b0145843_147616.jpg
『水滸伝』に最初に登場する百八星は“九紋竜”史進ですが、最初に登場する“好漢”といえば──多くの読者が王進を思い浮かべるのではないでしょうか。
王進は、皇帝直属の軍隊である、禁軍の棒術師範を務めていました。この禁軍教頭とは、武官としての地位は低いものの、兵士の中から特に武芸に優れた者が選ばれました。
 王進は兵士たちに棒術を教えながら平穏な日々を送っていましたが、ある時、新しく殿帥府太尉となった高キュウとの遺恨により、都を追われ、逃亡者となってしまいます。
 執念深い高キュウは王進の首に懸賞金をかけ、王進は宋国を当てどなく逃避行を続けます。そして、その途上に出会ったのが、全身に九匹の竜を刺青した若者──“九紋竜”史進でした。
 自己流の鍛練をする史進に、王進は希有の才能を見出します。史進もまた、王進の今までの師匠にはなかったものを感じ取り、月下に師弟の礼を取ります。
 その後、王進は史進を最後の弟子と決め、武芸十八般の神髄を伝授することになります。すでに自分の人生には何の希望もないことを悟っていた王進は、若い史進に自分の武芸、そして、あったはずの未来を託したのかもしれません。
 やがて史進がすべての武術を修めると、王進は史家に累が及ぶことを恐れ、再び逃亡の日々へ旅立っていきます。
 人格、武芸ともに優れた王進の印象は鮮明です。彼がいつ再登場し、どうやって梁山泊入りするのか、楽しみにしていた読者も多いでしょう。
 しかし、多くの人々が、好漢たちを梁山泊へ導くために登場し、そして去っていったように、王進もまた何処へか去り、二度と物語に現れることはありません。

  絵巻水滸伝(第1巻)
[PR]

# by suiko108blog | 2008-06-27 01:49 | Suiko108 クロニクル | Comments(0)
2008年 06月 26日
『絵巻水滸伝 第2巻〜北斗之党』ハイライト(3)
絵巻水滸伝第二部がいよいよ連載開始しました。
現在、ウェブサイトでは第二部の第71話「浪子・前篇」の他に、第一部の「序曲」「第一回 王進」「最終回 結集百八星」が公開されています。
それ以外の回は、どうぞ書籍をご覧下さい。
第二部スタートに際し、第一部をハイライトシーンで振りかえってみましょう!


『絵巻水滸伝 第2巻〜北斗之党』ハイライト(3)
b0145843_036451.jpg
「あんたたち、魚はいらない?」
 肌も露な若い娘が現れたもので、作業していた人夫たちは手を止めて我がちに集まって来た。
「あたい、近くの村の者なんだけど、揚げ魚を売りに来たの。美味しいわよ」
「へえ、見せてみなよ」
 男たちはにやにやと阿姜を取り囲んだ。

絵巻水滸伝(第2巻)(第16回 智取生辰綱より)
[PR]

# by suiko108blog | 2008-06-26 00:37 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)
2008年 06月 25日
『絵巻水滸伝 第2巻〜北斗之党』ハイライト(2)
絵巻水滸伝第二部がいよいよ連載開始しました。
現在、ウェブサイトでは第二部の第71話「浪子・前篇」の他に、第一部の「序曲」「第一回 王進」「最終回 結集百八星」が公開されています。
それ以外の回は、どうぞ書籍をご覧下さい。
第二部スタートに際し、第一部をハイライトシーンで振りかえってみましょう!


『絵巻水滸伝 第2巻〜北斗之党』ハイライト(2)
b0145843_222388.jpg
 その時、法堂に場違いな鈴の音が響きわたった。
「──この世にも、閻魔はいるぜ」
人垣を分け、若い男が現れた。女柄の単の着物を着流して、いなせな髷には一輪の花を挿している。
「あっ、兄イ」
 白勝が飛び上がって叫んだ。
「呂三が死んだ大雨の日に、河で水浴びをしていた間抜けだな」
 阮小七は小五に背中を押されて、襟を直しながら法堂の中央へ進み出た。

絵巻水滸伝(第2巻)(第15回 北斗之党より)
[PR]

# by suiko108blog | 2008-06-25 02:12 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)
2008年 06月 24日
『絵巻水滸伝 第2巻〜北斗之党』ハイライト(1)
絵巻水滸伝第二部がいよいよ連載開始しました。
現在、ウェブサイトでは第二部の第71話「浪子・前篇」の他に、第一部の「序曲」「第一回 王進」「最終回 結集百八星」が公開されています。
それ以外の回は、どうぞ書籍をご覧下さい。
第二部スタートに際し、第一部をハイライトシーンで振りかえってみましょう!


『絵巻水滸伝 第2巻〜北斗之党』ハイライト(1)
b0145843_05986.jpg
   「ご尊名を、承ろう」
    林冲が静かに尋ねた。男の笠に、雪が落ちては溶けていく。
   「ならば、聞け。山賊よ」
    降りしきる雪の間から、一条の光が射した。
   「わが名は──楊志」
    その光芒が、男の顔を覆う青痣を鮮やかに浮かび上がらせた。
   「──人は“青面獣”と呼ぶ!」  

 絵巻水滸伝(第2巻)(第11回 梁山泊より)
[PR]

# by suiko108blog | 2008-06-24 01:01 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)
2008年 06月 23日
★『絵巻水滸伝』WEB版予告編・68★
『絵巻水滸伝』第二部がついに再開いたしました。
WEB版の予告編で、第一部を振り返ってみましょう。
この予告編はWEB上のみに掲載され、順次、消えていったため、見たことのない方も多いのではないでしょうか。
数々の名文に彩られた“幻の予告編”、どうぞお楽しみください。
※各回の回数については、単行本化にあたって再編成をしているため、WEB版と実際の回数には違いがあります。(WEB版の第六十八回は、魁星出版絵巻水滸伝(第8巻)収録第五十九回に相当します)

『絵巻水滸伝・六十八回 天道・後篇』
b0145843_1543822.jpg
──“托塔天王”晁蓋。
人と為り、平生、義に仗り財を吝ず、専ら天下の豪傑とあまねく断金の交をなしければ、その名を四海に高うし、天下に芳し。いまだ妻を娶らず、一毫の私念なく、独り鵬程万里を行く。

──“替天行道”。
天に替りて、道を行う。

野望と壮志と──、暗黒と光明と──。
何れが勝ち、何れが敗れるか?
知るは唯、天のみ。

[PR]

# by suiko108blog | 2008-06-23 01:27 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)