2008年 11月 15日
「大三国志展」福岡、閉幕迫る!
b0145843_1183369.jpg
ご好評を頂きました「大三国志展」福岡も、いよいよ明日16(日)をもちまして閉幕となります。
ご来場の皆様、ありがとうございました。まだの方は、最後のチャンス、急いでおでかけくださいませ。
「大三国志展」は、このあと四国・高松にて11月26日(水)〜12月24日(水)の1ケ月間開催されます。

高松での開催にあたっては、特別番組もテレビ放映される予定です。
中国・四国地方の皆様、どうぞ楽しみにお待ちください!


★2008年10月17日(金)〜11月16日(日)
10:00〜20:00
※入場は30分前まで
水曜日休館

★福岡アジア美術館
〒812-0027 福岡市博多区下川端町3-1  リバレインセンタービル7 ・8 階
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/
主催 西日本新聞社 RKB毎日放送
    「大三国志展」九州展実行委員会

入場料:大人1000(800 )円、大高生700 (500 )円、中小生300 (200 )円
※( )内は20名以上の団体、シルバー、身体障害者、前売料金
※前売券はローソンチケット【L コード86100 】、電子チケットぴあ【P コード986-239 】等で販売

お問い合わせ:「大三国志展」事務局
         <会期前>TEL. 042-691-4825
         <会期中>TEL. 092-263-1100 (福岡アジア美術館)



★2008年11月26日(水)〜12月24日(水)
9:00〜17:00(16:30受付終了)
※金曜日は19:30(19:00受付終了)まで
月曜日休館

香川県立ミュージアム
〒760-0030 香川県高松市玉藻町5-5
http://www.pref.kagawa.jp/kmuseum/

主催 四国新聞社
    「大三国志展」四国展実行委員会
入場料:大人1000(800)円、大高生700(500)円、中小生300(200)円
[PR]

# by suiko108blog | 2008-11-15 01:21 | イベント・グッズ | Comments(4)
2008年 11月 14日
★『絵巻水滸伝/第75回「壺中天・前篇」』本日公開!
b0145843_433976.jpg
“十節度使”の衝撃!
巷間に曰く、『宋国に十人の節度使あり。武勇をもって、賊寇夷狄を圧殺す。』

 河南河北節度使“老風流”王煥   上党太原節度使“薬師”徐京
 京北弘農節度使“鉄筆”王文徳   潁州汝南節度使“梅大郎”梅展
 中山安平節度使“飛天虎”張開   江夏零陵節度使“闌路虎”楊温   
 隴西漢陽節度使“李風水”李従吉  瑯邪彭城節度使“千手”項元鎮
 清河天水節度使“西北風”荊忠、そして 雲中雁門節度使 韓存保。

『況んや此の将は、そのかみ強盗の頭領をなして、威風天下に振るい、其ののち朝廷に帰順して、節度使となり、総て萬夫不當の勇なる者共なり。』

“十節度使”その多くは、かつて天下にその名を轟かせた緑林の英雄豪傑である。
梁山泊と十節度使、招安を“拒んだ”者と“受け入れた”者。
順逆ともに似て非なるものなれど、これを明らむる鑑なし──勝つは何れか!

※文中の「闌路虎」は、正しくは【手偏+闌】路虎です。
※文中の「瑯邪」は、正しくは瑯【王+邪】です。

絵巻水滸伝 第75回「壺中天・前篇」本日公開! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

# by suiko108blog | 2008-11-14 04:05 | 絵巻水滸伝 | Comments(4)
2008年 11月 13日
「戦国絵札遊戯 不如帰-HOTOTOGISU- 乱」本日発売
あの幻のファミコンゲーム「 不如帰」が、PSP(プレイステーション・ポータブル)のトレーディングカードゲームとして蘇ります!
トレーディングカードゲーム+シミュレーションゲーム、「戦国絵札遊戯 不如帰-HOTOTOGISU- 乱」(アイレム)の武将カードに正子公也のイラストが十数点登場します。
TSUTAYAで購入すると、限定初回特典として「直江兼続(正子公也)」のカードがもらえるそうです。

詳しくは、こちら公式のHPをご覧下さい→「戦国絵札遊戯 不如帰-HOTOTOGISU- 乱」

    【PSP】 戦国絵札遊戯 不如帰-HOTOTOGISU- 乱
[PR]

# by suiko108blog | 2008-11-13 01:49 | Comments(0)
2008年 11月 12日
水滸傳絵詞之十五 『混世魔王 樊瑞』
b0145843_1344177.jpg
 八臂那タと飛天大聖を従え、魔王は梁山泊に挑みます。その神術妖法も、天魔鬼神ぶりを発揮できぬまま、公孫一清の破邪の術の前に破れ去り、これ以後、公孫勝を師と仰ぐことになります。首に流星錘を、手には混世魔王の宝剣をとり、師から授かった“五雷天心”の咒を唱え、黄泉の世界から魔界の暗闇から、龍に乗った魔人がやってきます。

絵巻水滸伝(第8巻)』より『混世魔王 樊瑞(こんせいまおう はんずい)』

                              絵と文★正子公也
*『絵詞』は1996年に描いた水滸伝人物画約20点に添えられた、正子公也の文章を当時のまま、掲載しました。(初出;光栄刊「水滸伝」好漢ファイル)
[PR]

# by suiko108blog | 2008-11-12 01:39 | 水滸傳絵詞 | Comments(0)
2008年 11月 11日
水滸傳絵詞之十四 『一丈青 扈三娘』
b0145843_1251122.jpg
 凛々しき顔立ち、目色涼しく眉に力あり。日・月二振りの刀を自在に操り、扈家荘の‘おひいさま’は華麗に登場、名だたる豪傑相手に堂々と渡り合います。投降後は集団に埋没して光なく、ただ戦場においてのみ呼吸を許されます。春の陽が虹色に陽炎となり、ものいわぬ佳人は籠から放たれた蝶のように、魔法の燐粉をふりまきます。

絵巻水滸伝(第6巻)』より『一丈青 扈三娘(いちじょうせい こさんじょう)』

                              絵と文★正子公也
*『絵詞』は1996年に描いた水滸伝人物画約20点に添えられた、正子公也の文章を当時のまま、掲載しました。(初出;光栄刊「水滸伝」好漢ファイル)
[PR]

# by suiko108blog | 2008-11-11 01:29 | 水滸傳絵詞 | Comments(0)