2008年 07月 16日
★『絵巻水滸伝/第71回 浪子・後篇』本日公開!
b0145843_104157.jpg
天晃は末座の星──天巧星“浪子”燕青。
花の都“東京”で、この若者を待っていたのは、或る女との運命の出会いであった。
“傾城”李師師、天下の花魁である。
はたして二人の出会いは、燕青を、そして梁山泊を、何処へ導いてゆくのであろうか。

※文中の「天晃」は、正しくは
b0145843_112861.gifです。

絵巻水滸伝 第71回『浪子・後篇』本日公開!( キノトロープ/絵巻水滸伝


正子公也サイン会のお知らせ

[PR]

# by suiko108blog | 2008-07-16 01:05 | 絵巻水滸伝 | Comments(0)
2008年 07月 15日
★大三国志展紹介番組・放映!!
『大三国志展』が7月24日より北海道立旭川美術館で開催されます。
それに先駆けて、北海道放送にて紹介番組が放映されることになりました。番組には正子公也も登場予定!先日、アトリエにて2時間にわたるインタビューと取材を受け、三国志について様々な思いを語りました。
受信できる皆さんはぜひ見て下さいね。


■番組名   :英傑来来!大三国志展
■放送日   :平成20年7月19日(土)午後1:30〜2:00 
■出演    :神田山陽(講談師)
        正子公也(絵巻作家。現代を代表する歴史・武将イラストの第一人者)他

■解説
およそ1800年の歳月を経て、今なお絶大な人気を集め、語り継がれる中国の壮大な歴史物語「三国志」の世界を紹介する展覧会『大三国志展』が7月24日から北海道立旭川美術館で開催されるのに先駆け、『大三国志展』の魅力を、余すことなく紹介する。
『大三国志展』を舞台に『劉備玄徳』、『諸葛亮孔明』『関羽雲長』などの登場人物や、『桃園の誓い』『赤壁の戦い』『三顧の礼』などのエピソードを紹介するほか、過去から現在まで日本人に親しまれてきた歴史や背景、魅力などについて専門家の解説を交えて送る。
(HBC 北海道放送株式会社)

正子公也サイン会のお知らせ
[PR]

# by suiko108blog | 2008-07-15 01:38 | イベント・グッズ | Comments(0)
2008年 07月 14日
★大三国志展・終了!
ご好評をいただきました東京富士美術館での『大三国志展』が終了しました。
b0145843_2585794.jpg
見に来て下さった皆様、どうもありがとうございます。
今後、『大三国志展』は下記の各地を巡回いたします。
各会場の規模に違いがあるため、展示品は増減するようですが、お近くの方はぜひ遊びに来てくださいね。


★今後のスケジュール★

◎北海道(旭川)
 北海道立旭川美術館 平成20年 7月24日(木)〜 8月24日(日)

◎関西(神戸)
 関西国際文化センター 平成20年 9月 5日(金)〜10月 5日(日)

◎九州(福岡)
 福岡アジア美術館 平成20年10月17日(金)〜11月16日(日)

◎四国(高松)
 香川県立ミュージアム 平成20年11月26日(水)〜12月24日(水)

◎中部(名古屋)
 松坂屋美術館 平成21年 1月 2日(金)〜 2月 1日(日)

◎群馬(前橋)
 グリーンドーム前橋 平成21年 2月11日(水)〜 3月15日(日)


正子公也サイン会のお知らせ
[PR]

# by suiko108blog | 2008-07-14 03:00 | イベント・グッズ | Comments(0)
2008年 07月 13日
★『絵巻水滸伝』WEB版予告編・71★
『絵巻水滸伝』第二部がついに再開いたしました。
WEB版の予告編で、第一部を振り返ってみましょう。
この予告編はWEB上のみに掲載され、順次、消えていったため、見たことのない方も多いのではないでしょうか。
数々の名文に彩られた“幻の予告編”、どうぞお楽しみください。
※各回の回数については、単行本化にあたって再編成をしているため、WEB版と実際の回数には違いがあります。(WEB版の第七十一回は、魁星出版絵巻水滸伝(第9巻)収録第六十二回に相当します)

『絵巻水滸伝・七十一回 白浪万里』
b0145843_0531740.jpg
“魔王”とその眷属、梁山泊に降る──。
一難は去った。しかしこの時期、梁山泊の夜はあまりに暗く、長い。
──宋頭領、己に病重く旦夕に死を待つのみ。
“紫の髯”の男を探して、蘇州へと旅立った“浪裏白跳”張順は、そこで意外な真実を知る。
“紫の髯”の男──。
「伝授の芸、人の敵する無く、安驥、年来神力あり。或は薬を下し、或は針を用い、未だ曾て驗あらずを云うことなし。真に伯楽が才と等し、此人もと西の国の民にして、瞳碧く、髯赤く、これ故に渾名を紫髯伯と号す」
その名を、皇甫端。舞台は遙か江南の地へ。藍蛇の毒に冒された宋江、彼を救う術は、果して──。



正子公也サイン会のお知らせ
[PR]

# by suiko108blog | 2008-07-13 01:08 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)
2008年 07月 12日
★大三国志展・終了間近!
b0145843_1523060.jpg
大好評の『大三国志展』ですが、東京会場での展示はいよいよ明日13日(日)までとなりました。
まだの方は、是非この週末にお出かけください。


★東京富士美術館HP
★東京富士美術館オンラインショップ
[PR]

# by suiko108blog | 2008-07-12 01:53 | イベント・グッズ | Comments(0)