<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2010年 11月 30日
十節度使
梁山泊の良き友だった節度使徐京が、先日壮絶な戦死を遂げました。
その死を悼み、また冥福を祈って、十節度使の面々を振り返ってみましょう。


b0145843_14471025.jpg




韓存保

雲中雁門節度使。あだ名なき男。関勝、呼延灼、聞煥章とともに、宋国の四天王に数えられる名将である。特に呼延灼とは親友の間柄で、彼が梁山泊に降ると、弾劾を避けるために自ら辺境守備に赴いた。十節度使の中では唯一山賊の出ではなく、前宰相を伯父に持つ名門出身という異色の存在。武器は方天画戟を愛用する。




『絵巻水滸伝/第86回「迷路・後篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2010-11-30 00:45 | 絵巻水滸伝 | Comments(0)
2010年 11月 29日
十節度使
梁山泊の良き友だった節度使徐京が、先日壮絶な戦死を遂げました。
その死を悼み、また冥福を祈って、十節度使の面々を振り返ってみましょう。


b0145843_21313262.jpg





“梅大郎”梅展

穎州汝南節度使。“梅大郎”──梅家の若様と呼ばれる優男。もとは大店の御曹司だが、悪役人に財産を奪われ、一家で流浪の身となった。腕に覚えの武術で山賊を立ち上げたが、もともと商才のある一家だったので、近隣の小さな山賊団を次々と併呑して大きくなった。しかし、危険な山賊家業より招安を受けたほうが得と考え、官に降った。武器は暗器を得意とし、特に“梅花九節鞭”の使い手である。



『絵巻水滸伝/第86回「迷路・後篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2010-11-29 00:23 | 絵巻水滸伝 | Comments(0)
2010年 11月 28日
★『どろろ』本日CS放映!
b0145843_130810.jpg

本日15時より、正子公也がヴィジュアルコンセプトデザインを担当した、映画『どろろ』がCS(スカパー)で放映されます。

Ch.634 日本映画専門チャンネルHD
Ch.707 日本映画専門チャンネル

11/29(月) 15:00~17:45

視聴可能な方は、ぜひご覧ください!
(イラストは“醍醐景光”のオリジナル設定画です)

◇07年、“どろろ”製作委員会。
手塚治虫原作の同名漫画を実写映画化。失われた元の体を取り戻すため魔物との闘いを繰り返す青年と、彼をつけ回す泥棒が繰り広げる旅の行方を描く。塩田明彦監督。
戦乱が続き、荒廃が進む世を憂う武将の醍醐景光(中井貴一)は、国を治める力を手に入れるため、生まれてくるわが子の体48カ所を48体の魔物に差し出す。醜い姿で生まれ、そのまま捨てられた赤ん坊は、医師の寿海(原田芳雄)に拾われ育てられる。やがて青年に成長した百鬼丸(妻夫木聡)は、魔物を倒すごとに失われた部位を一つずつ取り戻せることを知り、魔物退治に出る。そんな中、百鬼丸と出会った泥棒のどろろ(柴咲コウ)は、百鬼丸の不思議な妖刀を手に入れようと、彼の後を追い掛け始める。(TBSHPより)
出演:妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、瑛太、杉本哲太、麻生久美子、土屋アンナ、劇団ひとり、原田美枝子、中村嘉葎雄、原田芳雄
[PR]

by suiko108blog | 2010-11-28 01:46 | Comments(4)
2010年 11月 27日
十節度使
梁山泊の良き友だった節度使徐京が、先日壮絶な戦死を遂げました。
その死を悼み、また冥福を祈って、十節度使の面々を振り返ってみましょう。


b0145843_273089.jpg






“飛天虎”張開

中山安平節度使。もとは“羽の生えた虎”と呼ばれた盗賊。槍の名手で、武芸は十節度使の中でも抜きん出ている。あだ名の意味は、その武勇のためと思われているが、実はそれだけではない。節度使の中でも、やや孤立した存在である。



『絵巻水滸伝/第86回「迷路・後篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2010-11-27 09:59 | 絵巻水滸伝 | Comments(4)
2010年 11月 26日
十節度使
梁山泊の良き友だった節度使徐京が、先日壮絶な戦死を遂げました。
その死を悼み、また冥福を祈って、十節度使の面々を振り返ってみましょう。


b0145843_2153554.jpg






“李風水”李従吉

隴西漢陽節度使。もと風水師という変わり種で、よく吉凶を占い、陣形に通じる。甲冑の上に八卦の道服をはおり、陰陽一対の双鉤“太極鉤”を武器とする。もとは盗賊の師爺(軍師)で、招安を受けて節度使となった。



『絵巻水滸伝/第86回「迷路・後篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2010-11-26 00:02 | 絵巻水滸伝 | Comments(0)
2010年 11月 25日
★『どろろ』本日CS放映!
b0145843_1232271.jpg

本日18時より、正子公也がヴィジュアルコンセプトデザインを担当した、映画『どろろ』がCS(スカパー)で放映されます。

Ch.634 日本映画専門チャンネルHD
Ch.707 日本映画専門チャンネル

11/25(木) 18:00~20:30

視聴可能な方は、ぜひご覧ください!
(イラストは“マイマイオンバ”のオリジナル設定画です)

◇07年、“どろろ”製作委員会。
手塚治虫原作の同名漫画を実写映画化。失われた元の体を取り戻すため魔物との闘いを繰り返す青年と、彼をつけ回す泥棒が繰り広げる旅の行方を描く。塩田明彦監督。
戦乱が続き、荒廃が進む世を憂う武将の醍醐景光(中井貴一)は、国を治める力を手に入れるため、生まれてくるわが子の体48カ所を48体の魔物に差し出す。醜い姿で生まれ、そのまま捨てられた赤ん坊は、医師の寿海(原田芳雄)に拾われ育てられる。やがて青年に成長した百鬼丸(妻夫木聡)は、魔物を倒すごとに失われた部位を一つずつ取り戻せることを知り、魔物退治に出る。そんな中、百鬼丸と出会った泥棒のどろろ(柴咲コウ)は、百鬼丸の不思議な妖刀を手に入れようと、彼の後を追い掛け始める。(TBSHPより)
出演:妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、瑛太、杉本哲太、麻生久美子、土屋アンナ、劇団ひとり、原田美枝子、中村嘉葎雄、原田芳雄
[PR]

by suiko108blog | 2010-11-25 00:18 | Comments(0)
2010年 11月 24日
十節度使
梁山泊の良き友だった節度使徐京が、先日壮絶な戦死を遂げました。
その死を悼み、また冥福を祈って、十節度使の面々を振り返ってみましょう。


b0145843_294462.jpg




“鉄筆”王文徳

京北弘農節度使。もとは生真面目な胥吏であったが、ある時、悪辣な上司を手近にあった槍をとって刺し殺し、出奔して賊となった。以来、筆を槍に持ち替え、“鉄筆”の異名を取る。上司殺しは義憤にかられてのことであったが、その上司は王文徳の義父でもあったため、家族、世間からは“不孝”であると謗られた。



『絵巻水滸伝/第86回「迷路・後篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2010-11-24 01:19 | 絵巻水滸伝 | Comments(4)
2010年 11月 23日
今月の顔
今月の顔は……
b0145843_0484397.jpg

「“黒天鵞”賀重宝」(こくてんが がちょうほう)

遼国の将軍。代々、呪術師の家柄で、燕京を守護する任務を帯びる。
人の心を操る妖術を会得しており、太原にて“薬師”徐京を死に追いやり、また青石峪でも梁山泊軍を苦しめた。

※モンゴルのホーミーは、ひとりの人が同時に複数の声を出して歌います。ぴりぴりと空気を震わす、人の声のような、笛の音のような、不思議な歌です。
賀重宝の“黒天歌”も、ホーミーのようなものだったのかもしれません。


『絵巻水滸伝/第86回「迷路・後篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2010-11-23 00:20 | 絵巻水滸伝 | Comments(0)
2010年 11月 22日
☆川本喜八郎先生を偲ぶ会
b0145843_0411471.jpg
b0145843_0414259.jpg
「三国志」や「平家物語」などの人形劇で知られ、今年8月23日に亡くなられた川本喜八郎先生を偲ぶ会に参列してきました。
当ブログの読者のみなさんの中にも、先生が人形を手がけた「人形劇三国志」を夢中になって見られた方が沢山いるでしょう。
会場には川本先生の遺影が飾られ、式では写真とともにお人柄がうかがえる色々な楽しいエピソードが披露されました。また人形劇三国志の実演や、長編人形アニメーション「死者の書」の上映も行われました。
b0145843_042189.jpg
川本先生のご冥福をお祈りするとともに、素晴らしい作品を遺してくださったことに感謝します。
b0145843_043362.jpg


人形の数々はこちらで見ることができます。
飯田市川本喜八郎人形美術館
[PR]

by suiko108blog | 2010-11-22 00:44 | Comments(0)
2010年 11月 21日
十節度使
梁山泊の良き友だった節度使徐京が、先日壮絶な戦死を遂げました。
その死を悼み、また冥福を祈って、十節度使の面々を振り返ってみましょう。


b0145843_2142536.jpg




“闌路虎”楊温

江夏零陵節度使。“青面獣”楊志と同じ楊家の出だが、傍流である。楊家槍の使い手で、もとは官についていたが、わけあって盗賊となった。あだ名は“道を遮る虎”──厄介な邪魔者である。その名のごとく、仕事帰りの同業の山賊をも容赦なく襲い、恐れられ、また恨まれた。悪名高い山賊の頭目を殺し、その手柄で罪を許され、節度使となった。

※「闌」は、正しくは【手ヘン+闌】です。


『絵巻水滸伝/第86回「迷路・後篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2010-11-21 01:06 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)