<   2010年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2010年 09月 30日
『絵巻水滸伝』ハイライト(66)
『絵巻水滸伝 第5巻〜天魁星受難』ハイライト(13)

「楊雄──狂ったか!!」
 それは、一瞬のことのように思えた。
 楊雄は無言のまま剣を構えた。その剣の一振りで、首がひとつ宙に飛んだ。一太刀で首ひとつ、楊雄は一言の言葉も発することなく、次々と八人の男を倒した。
b0145843_2311961.jpg



絵巻水滸伝(第5巻)(第三十九回 病関索より)
[PR]

by suiko108blog | 2010-09-30 02:32 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)
2010年 09月 29日
★梁山泊の108人 其之百四
★家畜の屠殺

梁山泊に住む人々の食糧を調達、準備するのも大切な仕事です。

b0145843_22212926.jpg











81★地稽星“操刀鬼”曹正



あだ名は“操刀鬼”。家畜を屠殺する技が優れているため、そう呼ばれる。ほとんど口をきくことがなく、その陰気な風貌は梁山泊でもっとも“鬼”にふさわしい。もとは東京開封府で、はやらない居酒屋を営んでおり、林冲が常連だった。屠殺の腕前だけでなく、料理の腕も素晴らしい。梁山泊の料理人の中で、東京の洗練された料理を作れるのは曹正だけである。




「絵巻水滸伝」(第二部)連載中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2010-09-29 00:59 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(0)
2010年 09月 28日
『絵巻水滸伝』ハイライト(65)
『絵巻水滸伝 第5巻〜天魁星受難』ハイライト(12)

「ここは……」
「九天玄女娘々の宮でございます」
「まもなく、女神様がおなりになりますわ」
 やがて涼やかな衣擦れの音が近づいてきた。仙女たちが頭をさげて退出していく。
「──宋星主」
 驚いて顔を上げると、薄絹の帳の向こうに一人の女神が立っていた。
 帳が上がる。
b0145843_0265030.jpg
 部屋に、光と花の香りが溢れた。
「きれいだな」
 宋江は思わず感嘆した。
「こんな綺麗な人を、見たことがない」
b0145843_0271213.jpg





絵巻水滸伝(第5巻)(第三十八回 星主より)
[PR]

by suiko108blog | 2010-09-28 00:27 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)
2010年 09月 27日
★梁山泊の108人 其之百三
★家屋の建築修理

梁山泊には砦や厩など軍事施設のほか、おおぜいの住民たちが住むための家も必要です。

b0145843_22164542.jpg











97★地察星“青眼虎”李雲



目が青いため、あだ名を“青眼虎”。髪も金色で、顔だちも異国人のようである。先祖は西方から来た人々だと云われており、さまざまな異国の技術を家伝していた。
もとは沂水県の都頭で、“笑面虎”朱富の武術の師匠でもあったように武芸の腕もたつ。また酒に酔わず、しびれ薬も効かないという特異な体質をもっている。
戦いを好まないため、梁山泊では自ら望んで大工の仕事につき、戦場では攻城具の製造を担当する。




「絵巻水滸伝」(第二部)連載中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2010-09-27 01:25 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(0)
2010年 09月 26日
★新潟県人会大交流祭 開催中!
b0145843_27983.jpg
9月25日(土)~26日(日)に新潟の朱鷺メッセで開催される
「新潟県人会大交流祭」物産展にて、
正子公也のジクレー版画が展示販売されています。
(場所はアートフォーラムさんのブースです)

絵柄は「越後が育んだ武将」として、
・上杉謙信(2種)
・上杉景勝
・直江兼続

の4種類です。
・前田慶次も展示はありませんが、予約販売されることになりました)

その他、正子公也の戦国グッズ(フィギュア、クリアファイル、パスケース)も販売されますので、
お近くの方はぜひ足を運んでみてください。
入場は無料です。

また会場では、物産展のほかに、舞台や講演なども盛りだくさん行われます。
詳しくは下記のHPで!

新潟県人会大交流祭
[PR]

by suiko108blog | 2010-09-26 01:05 | イベント・グッズ | Comments(0)
2010年 09月 25日
★新潟県人会大交流祭 本日開催!
b0145843_223957.jpg
本日9月25日(土)~26日(日)に新潟の朱鷺メッセで開催される
「新潟県人会大交流祭」物産展にて、
正子公也のジクレー版画が展示販売されています。
(場所はアートフォーラムさんのブースです)

絵柄は「越後が育んだ武将」として、
・上杉謙信(2種)
・上杉景勝
・直江兼続

の4種類です。
・前田慶次も展示はありませんが、予約販売されることになりました)

その他、正子公也の戦国グッズ(フィギュア、クリアファイル、パスケース)も販売されますので、
お近くの方はぜひ足を運んでみてください。
入場は無料です。

また会場では、物産展のほかに、舞台や講演なども盛りだくさん行われます。
詳しくは下記のHPで!

新潟県人会大交流祭
[PR]

by suiko108blog | 2010-09-25 02:06 | イベント・グッズ | Comments(0)
2010年 09月 24日
『絵巻水滸伝』ハイライト(64)
『絵巻水滸伝 第5巻〜天魁星受難』ハイライト(11)

 混乱する官船の間をついて、一隻の武装した小舟が鮠のように水上を滑ってきた。盾を並べた舳先には、今しも火箭を放ったばかりの弓を構えた武人が立っていた。
「あれは……!!」
 戴宗の傍らで、宋江が声を上げた。
「花栄!!」
b0145843_1515834.jpg





絵巻水滸伝(第5巻)(第三十八回 星主より)
[PR]

by suiko108blog | 2010-09-24 01:52 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)
2010年 09月 23日
★梁山泊の108人 其之百二
★諸物の製造

官軍ならば軍需品は支給されますが、梁山泊では武器も食糧もすべてを自分たちでまかなわなければなりません。
武器は鉄などの原料は李応たちが外部から買い入れ、それを湯隆が指揮をとって加工し、武器や甲冑を製造しています。食糧などは梁山泊内の畑で自給しているものもあります。
戦争をしているだけでは梁山泊の自治はなりたちません。好漢たちの生活は、彼らが陰で支えているといっても過言ではないかもしれません。

(大小号砲の製造)

b0145843_22135892.jpg











52★地軸星“轟天雷”凌振



火砲の名手で、あだ名は“轟天雷”。 もとは東京で甲仗庫副使の地位にあり、砲手の第一人者と言われていた。そのため梁山泊を攻めあぐねた呼延灼の要請を受け、討伐軍に加わった。
とにかく火砲がなにより好きで、撃つだけでなく、自ら風火、金輪、子母などの新型の火砲も開発する。また火薬や砲弾にも造詣が深く、日々その研究を怠らない。




「絵巻水滸伝」(第二部)連載中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2010-09-23 02:24 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(0)
2010年 09月 22日
『絵巻水滸伝』ハイライト(63)
『絵巻水滸伝 第5巻〜天魁星受難』ハイライト(10)

「慧鳳!!」
 弦音が川面に響き、一本の矢が慧鳳に向かって奔った。
b0145843_1375532.jpg
 慧鳳の目がほんの少し見開かれ、体が、ふわりと船の上から舞った。
 李俊が走った。
 兵をなぎ倒し、水面へと落ちようとする慧鳳の体を抱き留めた。その胸には、鋼鉄の矢が突き立っていた。




絵巻水滸伝(第5巻)(第三十八回 星主より)
[PR]

by suiko108blog | 2010-09-22 01:39 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)
2010年 09月 21日
★梁山泊の108人 其之百一
★諸物の製造

官軍ならば軍需品は支給されますが、梁山泊では武器も食糧もすべてを自分たちでまかなわなければなりません。
武器は鉄などの原料は李応たちが外部から買い入れ、それを湯隆が指揮をとって加工し、武器や甲冑を製造しています。食糧などは梁山泊内の畑で自給しているものもあります。
戦争をしているだけでは梁山泊の自治はなりたちません。好漢たちの生活は、彼らが陰で支えているといっても過言ではないかもしれません。

(武器・甲冑の製造)

b0145843_22103694.jpg











88★地孤星“金銭豹子”湯隆



体中にあばたがあるため、あだ名は“金銭豹子”。代々、武器の製造を家業とし、父親は延安府の知塞にまでなった。しかし、その死後、賭博に凝って各地を流浪する身の上となり、鍛冶屋で生計を立てていた。
武器を作るだけでなく三十余斤の鉄瓜鎚を使い、徐寧とは従兄弟の間柄。湯家は連環馬を打破する唯一の武器、鈎鎌槍の製造法を伝え、徐家はその使用法を伝えていたわけである。




「絵巻水滸伝」(第二部)連載中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2010-09-21 01:20 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(2)