<   2009年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2009年 12月 31日
みなさま、よいお年を!
今年も「絵巻水滸伝」のご愛読ありがとうございました。
来年は、いよいよ「遼国篇」へ遠征です。
当ブログとともに、来年も引き続きお楽しみください。

みなさま、よいお年を!
b0145843_023899.jpg

[PR]

by suiko108blog | 2009-12-31 02:07 | Comments(0)
2009年 12月 30日
明日は大晦日
いよいよ明日は大晦日。
みなさんは、どんな一年だったでしょうか?
今年は、水滸伝関連ではついに「招安篇」終了、
その他では、世のブームと連動して戦国関連の仕事が多かったのが目立ちました。
来年年も、いろいろな企画が進行中です!
順次ブログで紹介していきますので、来年もみなさん遊びに来てくださいね。

さようなら丑年。
[PR]

by suiko108blog | 2009-12-30 00:58 | Comments(0)
2009年 12月 29日
★名せりふクイズ~言ったのは…
b0145843_23113362.jpg
 関勝が軍を去る契機となった、最後の戦い。密林の決戦で、三人は義兄弟の契りを結んだ。
 同年同月同日に生まれることはかなわずとも、死ぬ時はともに死のう。
 あれは、死ぬことを覚悟したうえでの誓いではない。三人がともに倒れる時まで、生き続けようという誓いではなかったか。

「あの時、関兄は──お前に生きろと言ったのだ」

 眼が合うと、カク思文は笑った。いつもの、穏やかな微笑みだった。
 そして、その笑みの下に、誰よりも強く、熱い心を秘めていた。それが、カク思文という男であった。

第五問の答えは““井木カン”カク思文でした! (「絵巻水滸伝・第10巻・69回『天命』」)
※“大刀”関勝の義兄弟にして、“醜郡馬”宣贊の親友。
たぶん108人の中で一番の良識人、心優しきカク思文です。
個性の強すぎる人々に囲まれ、物語中ではいまひとつ目立てないような気がしますが
(武芸十八一般を修めているのに!)、穏やかで寛容な人柄は梁山泊中では希有な存在です。
みなさん、彼のことを忘れずに、たまに注目してあげてくださいね。
[PR]

by suiko108blog | 2009-12-29 01:22 | 絵巻水滸伝クイズ | Comments(4)
2009年 12月 28日
★名せりふクイズ、言ったのは誰?〜第五問
好評の「名せりふクイズ」も、今年最後の問題になりました。
このセリフを言ったのは誰でしょう?
答えは明日!
(問題はsuiko108が適当にページを開いて選出しています。マニアックな問題が出る可能性アリ!)

「あの時、関兄は──お前に生きろと言ったのだ」

※あの時っていつ?関兄って?みなさん推理してみてくださいね。


「絵巻水滸伝」(第二部)連載中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2009-12-28 00:48 | 絵巻水滸伝クイズ | Comments(0)
2009年 12月 27日
戦国武将列伝 2月号 発売中!
b0145843_0534165.jpg
現在発売中の「戦国武将列伝 2月号」(リイド社刊)にて、正子公也の「天正十年六月」が巻頭カラーで掲載中です!
正子公也の原点ともいえるフルカラー絵巻……どうぞ、ぜひ手にとってご覧ください。

  戦国武将列伝 2010年 02月号 [雑誌]
[PR]

by suiko108blog | 2009-12-27 01:03 | 正子公也の仕事 | Comments(4)
2009年 12月 26日
★「KOBE 鉄人三国志ギャラリー」にて展示中
b0145843_1404320.jpg

b0145843_154315.jpg
(写真提供;東京富士美術館)

先日、神戸市長田区にオープンした「KOBE 鉄人三国志ギャラリー」にて正子公也の「関羽」と、「実物大孔明像」(造型 平田道則先生/衣装製作 山木実千代先生/衣装デザイン 正子公也)が展示中です。(グッズの販売もあり!)
お正月に関西方面へ帰省される方、旅行に行かれる方は、ぜひ予定に組み込んでくださいね。周辺にも三国志像や三国志廟など見どころたくさんです。

「KOBE鉄人三国志ギャラリー」
 (神戸市長田区二葉町6丁目アスタくにづか6番館1F)
  入場無料

※詳しくは★「KOBE鉄人三国志ギャラリー」
★「英傑群像」さんのHP
[PR]

by suiko108blog | 2009-12-26 00:02 | イベント・グッズ | Comments(0)
2009年 12月 24日
★聖誕節快楽!!
★聖誕節快楽!!


ちょこっと中国語講座

★聖誕節(クリスマス)シェンダン−ジェ
★聖誕樹(クリスマスツリー)シェンダン−シュウ
★聖誕老人(サンタクロース)シェンダン−ラオレン

※最近は、中国でも若者を中心にクリスマスを祝う習慣が生まれています。
人気があれば誰でも仲間にしてしまう道教の神様の中に、「聖誕老人」が加わるのも遠い日ではないかも?


それでは、みなさんもよいクリスマスをお過ごしください。
[PR]

by suiko108blog | 2009-12-24 01:51 | Comments(2)
2009年 12月 23日
★梁山泊の108人 其之八十一
★情報の探知を統べる頭領


梁山泊の行うすべての活動、戦争に欠かせない重要な部署です。情報の探知、伝達、敵地に潜入しての隠密行動などを行う彼らは、まさに梁山泊の「特殊部隊」と言えるでしょう。
彼らの下には、斥候兵や、柴進直属の“鶏狗”らが属します。また、呉用の“飛奴”こと白鴿たちも彼らの仕事を助けます。

b0145843_1294730.jpg










77★地楽星“鉄叫子”楽和



歌がうまく、またあらゆる歌を知っている。あだ名は“鉄叫子”──「すばらしい喉」のような意味。叫子とは喉に入れて声量を増す道具である。
“病尉遅”孫立の妻である楽大娘子の弟。一度は学問を志した秀才だが、ある日ふいに書を捨てて登州の牢番となった。世間のことには余り関心を持たないが、解珍・解宝兄弟の受難を“母虫”顧大嫂に知らせ、その後、一族そろって梁山泊へと身を投じる。
瀟洒な風貌で、一を聞けば十を知るという聡明かつ起用な青年だが、本人は歌さえ歌っていれば満足らしい。燕青と仲がよく、また皇帝の義兄である風流人の王都尉のお気に入りでもある。



「絵巻水滸伝」(第二部)連載中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2009-12-23 01:26 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(0)
2009年 12月 22日
★梁山泊の108人 其之八十
★情報の探知を統べる頭領


梁山泊の行うすべての活動、戦争に欠かせない重要な部署です。情報の探知、伝達、敵地に潜入しての隠密行動などを行う彼らは、まさに梁山泊の「特殊部隊」と言えるでしょう。
彼らの下には、斥候兵や、柴進直属の“鶏狗”らが属します。また、呉用の“飛奴”こと白鴿たちも彼らの仕事を助けます。

b0145843_1243343.jpg










20★天速星“神行太保”戴宗



あだ名は“神行太保”。神行法という神術を会得しており、二枚の甲馬を足に縛ると一日に五百里、四枚にすれば八百里を行くことができる。“太保”とは「巫」──神術を使う行者のこと。“甲馬”とは神を下ろす術符である。
もとは江州の牢番長で、流罪となってやって来た“及時雨”宋江に自ら賄賂を“集金”にいく世馴れていた。しかし、宋江を助けようとする呉用に目をつけられ、“聖手書生”蕭譲と“玉臂匠”金大堅が偽装した蔡京のにせ手紙を届けることになってしまう。しかし、そのことが発覚し、宋江とともに刑場へ引き出された戴宗は、あわや斬首というところを、弟分の李逵や攻め寄せた梁山泊軍に救出された。
入山後は神行法の特技を生かし、伝令として活躍する。一徹な好漢が多い中では珍しく、柔軟な思考と世馴れたいぶし銀の風格を持つ男で、李逵を制御できる数少ない人間の一人でもある。シニカルな面が目立つが、実は昔、李俊の妻の樊慧鳳に惚れていた。


「絵巻水滸伝」(第二部)連載中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2009-12-22 00:44 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(0)
2009年 12月 21日
★好漢なまえ辞典(22)
好漢たちの名前は、中国語でどんなふうに呼ぶのでしょう? またその意味は?

b0145843_1155844.jpg






李逵

Li Kui
【リ・クイ】





「逵」はあまりなじみのない文字ですね。どんな意味か、みなさん分かるでしょうか?
これは、「いろいろな方向に通じた道路、大きな道」のことです。具体的には、「土盛りをした立派な道」の会意文字です。
乱暴者の李鉄牛の名前が「道」とは、不思議ですね。ちょっと難しい文字なので、李逵の両親がつけた名ではないでしょう。あるいは村長や村塾の先生などに頼んでつけてもらったのかもしれません。
あるいは、にせものの李逵が「李鬼」と名乗っていましたが、鬼の発音は「gui」でほぼ同じです。もしかしたら、暴れ者の李逵は生まれ故郷の村では「李鬼」と呼ばれていたのかもしれまん。「鬼」は「幽霊」の意味ですが、悪癖ある嫌われ者も「鬼」です。
村の厄介嫌われ者だった“李鬼”は故郷を飛び出し、江州で誰かに「逵」の字をもらったのかもしれませんね。今度こそ、「道」を踏み外さないように……。その人は、戴宗だったのでしょうか?想像がふくらみます。

李逵には兄がいますが、この名前が李達。文字通り、「達する」です。兄弟で作りや意味が同じなのは中国ではよくある習慣です。宋江と宋清は同じ「さんずい」、朱貴と朱富は意味が共通していますね。

無心に戦場を駆ける“黒旋風”李逵の道は、彼を、そして仲間たちをどこへ導いていくのでしょう。


「絵巻水滸伝」(第二部)連載中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2009-12-21 01:19 | Suiko108 クロニクル | Comments(0)