<   2009年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2009年 05月 31日
「百花三国志」フィギュア(ブロンズ風) 関羽
b0145843_2443540.jpg
正子公也のイラストに基づく三国志フィギュア・ブロンズ風仕上げが発売中です。(写真提供;M-ARTSさん)
ブロンズ風フィギュアは門外不出といわれる工法で制作され、その重厚な輝きはフィギュアというよりまるで美術品のような風格が漂っています。
三国志の英雄たちの姿を、より雄渾に再現した名品を、ぜひご覧ください。

b0145843_1371945.jpg
b0145843_2359578.jpg

詳細・お問い合わせはこちら★M─ARTS
[PR]

by suiko108blog | 2009-05-31 00:13 | イベント・グッズ | Comments(0)
2009年 05月 30日
★フィギュア商品カタログ
b0145843_2321773.jpg
正子公也の三国志フィギュアを海外向けに販売している、ベロネーゼ社の商品カタログです。ミニサイズ(ライターの大きさと比べてみてください)で、全14ページです。中国語と英語で書かれています。
b0145843_232507.jpg

現在、フィギュアは日本、中国のほか、アメリカ、イギリス、ロシア、シンガポール、インドネシア、ウクライナ等で発売されています。
海外に行った時、意外な場所で関羽や張飛に出会えるかもしれませんね。
[PR]

by suiko108blog | 2009-05-30 00:59 | イベント・グッズ | Comments(0)
2009年 05月 29日
『絵巻水滸伝/第78回「死命・前篇」』公開中!
b0145843_2292611.jpg
「官軍が来た!」
節度使軍、ついに金沙灘に上陸──。先鋒は“鉄筆”王文徳、“李風水”李従吉、“薬師”徐京、つづいて“闌路虎”楊温、“梅大郎”梅展、その数およそ四万余。官軍精鋭の歩兵団である。
圧倒的兵力を背景に、梁山泊を蹂躙する節度使軍。
弱きもの愛するものを守るため、ひとり関門に立ちはだかる門神、──“霹靂火”秦明。

 黒煙 緑水に迷い
 紅焔 清波に起こる

最終決戦の、幕はあがる──。

※文中の「闌路虎」は、正しくは【手偏+闌】路虎です。

『絵巻水滸伝/第78回「死命・前篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2009-05-29 01:06 | 絵巻水滸伝 | Comments(0)
2009年 05月 28日
★『絵巻水滸伝 第二部』予告編
2008年6月の第二部連載開始から、間もなく一年が経とうとしています。現在、ウェブ上では最新の四話のみが掲載されているので、読めなかった部分がある読者の皆さんもいるかと思います。そこで、あらすじ替わりに、これまでの第二部の予告編を掲載しましょう。

『絵巻水滸伝・第77回 業火・後編』予告
b0145843_2117328.jpg
千を超える官軍の大船団は、朝日とともに梁山泊を目指し出帆した。
対する梁山泊水軍は、僅かに小舟百余艘にすぎない。率いるは、静かなる水軍総帥“混江竜”李俊。そして先頭をゆくは、阮氏三雄と水泊の漁師たちである。

主力を封じられ、苦戦を強いられる梁山泊軍。
激しい戦闘のなかで、次々と倒れる好漢たち。漢たちの大漁唄は、水の神々へ届くのか。
彼らのあしたに待っているもの、それは“終末の闇”──それとも“未来の光”なのか。

見よ、湖上の一大決戦!!


『絵巻水滸伝/第78回「死命・前篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2009-05-28 01:03 | 絵巻水滸伝 | Comments(0)
2009年 05月 27日
★『絵巻水滸伝 第二部』予告編
2008年6月の第二部連載開始から、間もなく一年が経とうとしています。現在、ウェブ上では最新の四話のみが掲載されているので、読めなかった部分がある読者の皆さんもいるかと思います。そこで、あらすじ替わりに、これまでの第二部の予告編を掲載しましょう。

『絵巻水滸伝/第77回「業火・中篇」』予告
b0145843_0552173.jpg
「──南冥へ!!」
済州から、五丈河から、あと一歩のところで童貫をのがした梁山泊騎兵部隊は、一路、南冥へと急ぐ。
梁山泊にとっての凶報は、それだけではなかった。
突如として、五丈河畔に現れた官軍最強の水軍・金陵船団。総大将は殿帥府太尉・高求──梁山泊とは因縁浅からぬ人物である。
指揮するは金陵水軍統制官・劉夢竜──かつて梁山泊との戦いで散った劉夢驥の実兄にして、“河伯”──水の神の異名を持つ男である。

ついにその姿を見せる、金陵水軍の秘密兵器“海鰍船”。
そして、済州城に消えた宋江の行方は──絶体絶命、梁山泊の運命やいかに!

※文中の「高求」は、正しくは「イ+求」です。


『絵巻水滸伝/第78回「死命・前篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2009-05-27 02:48 | 絵巻水滸伝 | Comments(0)
2009年 05月 26日
★『絵巻水滸伝 第二部』予告編
2008年6月の第二部連載開始から、間もなく一年が経とうとしています。現在、ウェブ上では最新の四話のみが掲載されているので、読めなかった部分がある読者の皆さんもいるかと思います。そこで、あらすじ替わりに、これまでの第二部の予告編を掲載しましょう。

『絵巻水滸伝/第77回「業火・前篇」』予告
b0145843_22492185.jpg
なにが南冥に起こったのか。
そして“石将軍”石勇が、五丈河で見たものは…。
風雲急を告げる、済州城の攻防。襲い来る、節度使率いる官軍の群れ。
一転、窮地に立つ宋江と花栄、──“小李広”の神箭が、風を切る!!

同じ頃、密命を帯びて東京開封に潜入した“浪子”燕青の前に、意外な人物が現れ…。


『絵巻水滸伝/第78回「死命・前篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2009-05-26 00:38 | 絵巻水滸伝 | Comments(0)
2009年 05月 25日
★『絵巻水滸伝 第二部』予告編
2008年6月の第二部連載開始から、間もなく一年が経とうとしています。現在、ウェブ上では最新の四話のみが掲載されているので、読めなかった部分がある読者の皆さんもいるかと思います。そこで、あらすじ替わりに、これまでの第二部の予告編を掲載しましょう。

『絵巻水滸伝/第76回「攻旗」』予告
b0145843_233122.jpg
──梁山泊、動く!
目指すは済州城、狙うは童貫大元帥の首ひとつ!
待ち受ける“神火将軍”魏定国の、予期せぬ声。燃える南冥。
月下に刃を交える“豹子頭”林冲と“老風流”王煥、そして“青面獣”楊志と“闌路虎”楊温。
梁山泊軍一万五千騎が十三万の官軍に、乾坤一擲の戦いを挑む。

──立て!戦え!百八の星の子ら!
遠いあの日、伏魔之殿の地中から解き放たれた魔物の星が、今、再び解き放たれるのだ!


※文中の「闌路虎」は、正しくは【手偏+闌】路虎です。


『絵巻水滸伝/第78回「死命・前篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2009-05-25 01:17 | 絵巻水滸伝 | Comments(0)
2009年 05月 24日
★『絵巻水滸伝 第二部』予告編
2008年6月の第二部連載開始から、間もなく一年が経とうとしています。現在、ウェブ上では最新の四話のみが掲載されているので、読めなかった部分がある読者の皆さんもいるかと思います。そこで、あらすじ替わりに、これまでの第二部の予告編を掲載しましょう。

『絵巻水滸伝/第75回「壺中天・後篇」』予告
b0145843_0144180.jpg
聞煥章──“聞探花”。
『もとより有名の文士にて、長閑なること春風の如し。
籌策を帷幄の中に運らし、勝を千里の外に決す、“今子房”の称あり。』

梁山泊に“閉じこめられた”、梁山泊軍。閉塞感に圧迫され、苛立つ頭領たち。
そして、聞煥章の次なる狙いは、梁山泊の要害“北冥鯤湖”と“南冥鵬森”にあった。南冥の守護神“神火将軍”魏定国を訪れる、調略の使者。

「我々は──どこへ行くのでしょう」
“天機星”の孤独な戦いは続く。
『白皙痩身、書は万巻に通ず。知恵多き星、“今孔明”の称あり。』
“智多星”呉用が下した決断とは──。

『絵巻水滸伝/第78回「死命・前篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2009-05-24 01:35 | 絵巻水滸伝 | Comments(0)
2009年 05月 23日
★『絵巻水滸伝 第二部』予告編
2008年6月の第二部連載開始から、間もなく一年が経とうとしています。現在、ウェブ上では最新の四話のみが掲載されているので、読めなかった部分がある読者の皆さんもいるかと思います。そこで、あらすじ替わりに、これまでの第二部の予告編を掲載しましょう。

『絵巻水滸伝/第75回「壺中天・前篇」』予告
b0145843_433976.jpg
“十節度使”の衝撃!
巷間に曰く、『宋国に十人の節度使あり。武勇をもって、賊寇夷狄を圧殺す。』

 河南河北節度使“老風流”王煥   上党太原節度使“薬師”徐京
 京北弘農節度使“鉄筆”王文徳   潁州汝南節度使“梅大郎”梅展
 中山安平節度使“飛天虎”張開   江夏零陵節度使“闌路虎”楊温   
 隴西漢陽節度使“李風水”李従吉  瑯邪彭城節度使“千手”項元鎮
 清河天水節度使“西北風”荊忠、そして 雲中雁門節度使 韓存保。

『況んや此の将は、そのかみ強盗の頭領をなして、威風天下に振るい、其ののち朝廷に帰順して、節度使となり、総て萬夫不當の勇なる者共なり。』

“十節度使”その多くは、かつて天下にその名を轟かせた緑林の英雄豪傑である。
梁山泊と十節度使、招安を“拒んだ”者と“受け入れた”者。
順逆ともに似て非なるものなれど、これを明らむる鑑なし──勝つは何れか!

※文中の「闌路虎」は、正しくは【手偏+闌】路虎です。
※文中の「瑯邪」は、正しくは瑯【王+邪】です。

『絵巻水滸伝/第78回「死命・前篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2009-05-23 01:41 | 絵巻水滸伝 | Comments(2)
2009年 05月 22日
★『絵巻水滸伝 第二部』予告編
2008年6月の第二部連載開始から、間もなく一年が経とうとしています。現在、ウェブ上では最新の四話のみが掲載されているので、読めなかった部分がある読者の皆さんもいるかと思います。そこで、あらすじ替わりに、これまでの第二部の予告編を掲載しましょう。

『絵巻水滸伝/第74回「荒野」』予告
b0145843_0561747.jpg
“招安破れる”の報を受け、みたび梁山泊に襲いかかる討伐軍。敵は、宦官の“怪物”童貫大元帥である。
朝焼けのなか、水のほとり梁山泊で真っ向から激突する、戦う男たち。

──決戦!

知略の呉用と軍略の朱武、ふたりの軍師と互角に渡り合う、白面の参謀使。尋常ならざる敵に、“智多星”呉用は未知なる戦慄を覚えるのであった。

第74回「荒野」、乞うご期待!


『絵巻水滸伝/第78回「死命・前篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2009-05-22 01:37 | 絵巻水滸伝 | Comments(0)