<   2009年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2009年 03月 31日
★梁山泊の108人 其之二十三
「絵巻水滸伝」第二部は、108人の好漢が梁山泊に集結した数年後から始まりますが、みなさんちゃんと108人全員のことを覚えているでしょうか?
何人か忘れてしまった人も、もちろん全員、宿星とあだ名まで覚えている、という人も、もう一度復習してみましょう。
席次順ではなく、集結後に定められた梁山泊での役割順に紹介します。
あの好漢は、梁山泊でどんな仕事をしているのでしょう?

b0145843_0251869.jpg


★騎兵小彪将兼斥候

42★地威星“百勝将”韓滔
(ちいせい ひゃくしょうしょう かんとう)


あだ名の“百勝将”とは、百戦百勝の意。棗木槊の使い手で、武官の登用試験である武挙にも及第している。もとは陳州の団練使で、“双鞭”呼延灼の副官として梁山泊討伐軍に加わった。呼延灼への忠誠はあつく、ともに連環馬軍を率いて梁山泊を圧倒する。しかし、“金鎗手”徐寧が梁山泊軍に加わったため、唯一の弱点である鈎鎌槍によって連環馬軍は敗北した。捕虜となった韓滔は、呼延灼に従って梁山泊の一員となる。梁山泊軍では彭キとともに呼延灼の副将を務め、また連環馬基地の守備にあたる。つねに仮面を装着している。
[PR]

by suiko108blog | 2009-03-31 00:30 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(0)
2009年 03月 30日
★「百花三国志フュギュア」に趙雲が登場!
b0145843_1192833.jpg
以前ご紹介した「百花三国志フュギュア」の趙雲は、海外のみでの販売となっていましたが、このたび日本でもブロンズ風バージョンが発売されることになりました。 画集「百花三国志」にも収録されている長坂坡のイラストから、趙子竜の勇姿をリアルに再現!正子公也の厳しい監修を経て完成した造形は、シリーズの中でも出色の仕上がりとなっています。
現在、予約受け付け中です!

お問い合わせはこちら★M─ARTS
[PR]

by suiko108blog | 2009-03-30 01:30 | イベント・グッズ | Comments(0)
2009年 03月 29日
★催事のご案内
三国志フィギュアや、戦国関連商品の製作・販売をしていただいてるM−ARTSさんが、商品を手に取って見ていただける催事
を開催中です。実際の商品が見られる希少な機会ですので、お近くの方は出かけてみてはいかがでしょうか。
なお、催事の詳しい内容についてはお問い合わせ下さい。


★東急ハンズ大宮店
東急ハンズ大宮店5F  2009年3月1日〜
JR大宮駅西口駅前 DOMショッピングセンター4F・5F
(埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-3)
・取り扱い
木彫ゴジラ・ギドラ・モスラ・戦国武将フィギュアシリーズほか

★新潟伊勢丹
新潟伊勢丹7F アートホール 【大河ドラマ 「天地人」展】 2009年4月22日〜4月27日
新潟市中央区八千代1-6-1
・取り扱い
戦国武将関連グッズ

★大丸梅田店
大丸梅田店11F 2009年4月29日〜5月5日
JR大阪駅直結
(大阪市北区梅田3-1-1)
・取り扱い
M−ARTS商品全般

★松坂屋 銀座店
松坂屋 銀座店1F イベントスペース 2009年5月13日〜19日
東京都中央区銀座六丁目10番1号
・取り扱い
M-ARTSの商品全般

※商品に関するお問い合わせはM─ARTSさん、店舗に関するお問い合わせは各店舗へお願い致します。
[PR]

by suiko108blog | 2009-03-29 01:14 | イベント・グッズ | Comments(0)
2009年 03月 28日
「大三国志展」帰国報告展(上海)
b0145843_3355283.jpg
先日お伝えした「大三国志展」IN上海の詳細が決まってきました。

期間:4月13日〜5月17日
場所:上海図書館(上海市淮海中路1555号)

会場となる上海図書館はアジアでも五本の指に入る大きな図書館です。展示される文物は、中国の出土品を中心に、日本でも好評だった正子公也の巨大イラストも公開予定です。また、上海の後は、合肥、北京、成都などにも二年をかけて巡回予定となっています。中国在住のファンのみなさん、また該当期間に中国旅行をお考えの方、続報を楽しみにお待ちください!

※横浜大世界にて「三国志フェア」開催中!!
1、2階お土産フロア、3階レストランフロア、4階ミュージアムにて三国志企画が実施中。正子公也のグッズ・書籍販売、ジクレー版画展示も行われています。

★三国志イラストコンテスト応募要項
正子公也が特別審査員を務めます。入賞者には豪華商品も準備されていますので、ぜひ応募してみてくださいね。
[PR]

by suiko108blog | 2009-03-28 03:35 | イベント・グッズ | Comments(0)
2009年 03月 27日
★梁山泊の108人 其之二十二
b0145843_3323094.jpg


★騎兵軍五虎将

15★天立星“風流双槍将”董平
(てんりつせい ふうりゅうそうそうしょう とうへい)


二本の鋼槍を使いこなし、あだ名は“風流双槍将”。また先陣破りを得意とし、“董一撞”とも称される。武勇に優れるばかりでなく、儒仏道の教えから諸子百家まで、あらゆる学問に精通し、また管弦の道も心得ている。自負心が非常に強く、その背負う矢壺にたなびく旗には、『英雄双槍将』『風流万戸侯』の文字が記されている。もとは東平府の兵馬都監。
[PR]

by suiko108blog | 2009-03-27 03:34 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(0)
2009年 03月 26日
★横浜大世界・三国志フェア
b0145843_0194853.jpg
以前からお伝えしていますが、横浜中華街にある「横浜大世界」さんにて、三国志ファアが開催中です。正子公也の三国志イラスト展示や、各種三国志関連商品も絶賛販売中! 正子公也が審査員を務める「三国志イラストコンテスト」も作品募集中です。
館内では三国志関連イベントや、三国志をテーマにした中華料理なども楽しめますので、
横浜中華街に行かれる方は是非のぞいてみてくださいね。

※横浜大世界にて「三国志フェア」開催中!!
1、2階お土産フロア、3階レストランフロア、4階ミュージアムにて三国志企画が実施中。正子公也のグッズ・書籍販売、ジクレー版画展示も行われています。

★三国志イラストコンテスト応募要項
正子公也が特別審査員を務めます。入賞者には豪華商品も準備されていますので、ぜひ応募してみてくださいね。
[PR]

by suiko108blog | 2009-03-26 03:34 | イベント・グッズ | Comments(2)
2009年 03月 25日
★二十八星宿
b0145843_2264112.jpg
カク思文の“井木カン”とは、星座二十八宿のひとつである井宿のことです。
二十八宿とは、月や太陽の位置を示すために天球の赤道帯を二十八の区分に分け、それぞれを一つの星宿としたもの。月はおよそ27.3日で天球を一周するので、一日に一宿ずつ動くことになります。そのうちの一つが『井宿』で、22番目の星宿です。おもな星は双子座にあります。双子座は確かに井戸のような形をしていますね。
この二十八宿の考え方は古来より占いにも使われており、『井宿』の日は、神事や種まきには吉、衣服の裁断には凶となります。また人にはそれぞれ誕生日によって星宿が決まっていますが、『井宿』生まれの人は几帳面でクール、実務能力や人事管理に優れた補佐役とのことです。
みなさんも自分の星宿を調べてみましょう!
[PR]

by suiko108blog | 2009-03-25 02:35 | Suiko108 クロニクル | Comments(0)
2009年 03月 24日
★梁山泊の108人 其之二十一
b0145843_211735.jpg


★騎兵小彪将兼斥候

41★地雄星“井木カン”カク思文
(ちゆうせい せいぼくかん かくしぶん)


あだ名である“井木カン”とは、星座二十八宿のひとつ、井宿のこと。母親が井宿を飲む夢を見て懐胎したため、その星の名があだ名となった。武芸十八般のすべてに精通しており、“大刀”関勝、“醜郡馬”宣贊とは義兄弟の間柄。浮き世離れした関勝、狷介な宣贊の中とも拘りなく付き合える好人物である。関勝が梁山泊討伐の勅令を受けると、カク思文も同行し、関勝が投降するとカク思文もそれに従った。関勝の行くところ、カク思文の姿がないことはない。入山後も宣贊と組んで関勝の副将を務めている。
[PR]

by suiko108blog | 2009-03-24 01:02 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(2)
2009年 03月 23日
★梁山泊の108人 其之二十
b0145843_27194.jpg


★騎兵小彪将兼斥候

40★地傑星“醜郡馬”宣贊
(ちけつせい しゅうぐんば せんさん)


“郡馬”とは、郡王(皇帝の一族がなる郡の王)の女婿のこと。もとは衙門防禦使保義の位にあり、身の丈は八尺、武勇に優れ、鋼刀の使い手である。また蛮将との弓くらべに勝ったほどの弓の名手である。しかし、容貌が醜いために、その人生は不遇であった。武芸を見込まれて郡王の婿に迎えられたが、妻となった姫君は彼の醜さを嫌って死んでしまう。また剛直な人柄のため、阿諛追従を好む上司の童貫からも嫌われていた。
 梁山泊討伐軍の将となった“大刀”関勝とは義兄弟の間柄で、討伐軍が敗れると、関勝に従って梁山泊に投降した。
[PR]

by suiko108blog | 2009-03-23 02:42 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(2)
2009年 03月 22日
★梁山泊の108人 其之十九
b0145843_242771.jpg


★騎兵小彪将兼斥候

39★地勇星“病尉遅”孫立
(ちゆうせい びょううつち そんりゅう)


顔色が薄黄く、あだ名は“病尉遅”。“小尉遅”孫新の兄で、妻の楽氏は“鉄叫子”楽和の姉。もとは登州軍で兵馬提轄を務めており、剛弓を引き、長槍と鉄鞭を使って、登州一の武勇を誇っていた。鞭とは金属製の棒状の武器で、あだ名の由来となった唐初の勇将、尉遅恭(字は敬徳)も、この武器を使うのを得意とした。弟の孫新にも伝授している。
無実の解珍、解宝兄弟を救うため、“母大虫”顧大嫂に強引に牢屋破りの一味に引き込まれ、その後、一族ともに梁山泊へ身を投じた。
優柔不断に見える時もあるが、実は梁山泊一の大家族を率いるにふさわしい、慎重かつ、非常に肝の座った人物である。
[PR]

by suiko108blog | 2009-03-22 02:16 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(0)