<   2009年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2009年 02月 28日
「大三国志展」IN前橋、好評開催中
b0145843_0521832.jpg
「大三国志展」が群馬県前橋市のグリーンドームにて好評開催中です。
2月18日、正子公也が会場を訪問した時の様子をご紹介します。
b0145843_0524583.jpg
会場は今回の巡回先でいちばん広く、ゆったりと文物を鑑賞することができます。また、会場入り口には、話題の映画「レッドクリフ」で金城武さんが演じた諸葛孔明の衣装や羽扇(どちらも本物です!)も展示されていますよ。
日本では最後の開催地となりますので、近県の方もぜひお誘い合わせのうえお出かけください。

「大三国志展」群馬展

2009年2月11日(水・祝)〜3月15日(日)
開館時間 AM10:00 〜PM6:30(入場はPM6:00まで)

グリーンドーム前橋サブイベントエリア
〒371-0035
群馬県前橋市岩上町1-2-1
「大三国志展」群馬展

主催 上毛新聞社、「大三国志展」群馬展実行委員会

入場料:一般1100円(前売り900 円)、大高生800 円(前売り700 円)、中小生500 円(前売り400 円)消費税込
※20名以上の団体は前売り料金
※前売り券はグリーンドーム前橋ほかで好評発売中

お問い合わせ先:上毛新聞社事業局 TEL.027-254-9955
上毛新聞社HP・大三国志展情報 

横浜中華街の中華総合アミューズメントビル「横浜大世界」さんでも「三国志フェア」開催中です。→こちらをご覧ください
[PR]

by suiko108blog | 2009-02-28 00:54 | イベント・グッズ | Comments(0)
2009年 02月 27日
☆「絵巻水滸伝」官軍名鑑・百官有司編(三)
b0145843_0284081.jpg


☆参謀 聞煥章
(さんぼう ぶんかんしょう)


 古今の兵書に通じ、智謀にも長ける秀才である。あだ名は科挙に第三位(探花)で及第したため、“聞探花”。“今子房”とも称される軍略謀の持ち主で、一時は官界を去って野に降ったが、推挙されて梁山泊討伐軍の参謀となった。「東の聞煥章」として宋国四天王の一人にも数えられる。この「東」とは東京開封のことで、枢密院に席を置いていた時期があっためである。軍事のみならず政治にも才覚があり、童貫も一目置いている。山賊であった頃の徐京(十節度使のひとり)とも親交があり、その過去、私生活には謎の多い人物である。
[PR]

by suiko108blog | 2009-02-27 00:32 | 絵巻水滸伝人物名鑑【官軍】 | Comments(0)
2009年 02月 26日
「戦国絵巻・武将フィギュア」好評発売中
b0145843_20281349.jpg
こうげつ人形さんから発売されている「戦国絵巻・武将フィギュア」が各方面に大好評を頂いています。朝日新聞や読売新聞にも取り上げていただき、お問い合わせも多数。三体まとめてご購入の方も多いそうです。
こうげつ人形さんではガラスケース入りのものも販売されていますので、端午の節句に兜がわりに飾るのにもいいですね。
武将フィギュアが表紙を飾った、こちらの五月人形カタログにも掲載されていますので、興味のある方はご覧ください。

資料請求はこちら「こうげつ人形」HP
[PR]

by suiko108blog | 2009-02-26 02:03 | イベント・グッズ | Comments(0)
2009年 02月 25日
★梁山泊の108人 其之十一
「絵巻水滸伝」第二部は、108人の好漢が梁山泊に集結した数年後から始まりますが、みなさんちゃんと108人全員のことを覚えているでしょうか?
何人か忘れてしまった人も、もちろん全員、宿星とあだ名まで覚えている、という人も、もう一度復習してみましょう。
席次順ではなく、集結後に定められた梁山泊での役割順に紹介します。
あの好漢は、梁山泊でどんな仕事をしているのでしょう?

b0145843_2253331.jpg



★騎兵軍八驃騎兼先鋒使

18★天祐星“金鎗手”徐寧
(てんゆうせい きんそうしゅ じょねい)


独自の金槍法と鈎鎌槍法に習熟し、もとは禁軍金槍班の教頭を務めていた。“金銭豹子”湯隆とは従兄弟の間柄である。
 徐寧は先祖伝来の甲冑「賽唐猊(さいとうげい)」を家宝とし、妻子とともに平凡に日々を過ごしていた。しかし、彼の家に伝えられた鈎鎌槍法が、連環馬を打破できる唯一の武術だっため、“双鞭”呼延灼の討伐軍に苦戦を強いられていた梁山泊に強引に仲間に引き入れられた。
 徐寧が教えていた金槍班とは、禁軍の中から槍術に長けた騎兵を選んで組織した部隊のこと(禁軍とは皇帝直属の軍)。梁山泊でも徐寧は自ら訓練した金槍手を従え、また銀槍手を率いる花栄と組んで出陣することもある。
[PR]

by suiko108blog | 2009-02-25 02:32 | 絵巻水滸伝人物名鑑【梁山泊】 | Comments(8)
2009年 02月 24日
寺沢武一先生の「GOKU」(ゴクウ)
b0145843_031481.jpg
正子公也の師匠、寺沢武一先生のマンガやDVD作品が今、書店やコンビニで好評発売中です。
こちらは、コンビニで見つけた「GOKU」(ゴクウ)です。
奥付の制作スタッフに正子公也の名前を発見!
b0145843_043541.jpg
正子はチーフ・アシスタントとして、10年近く寺沢先生のお世話になりました。
無敵の主人公に妖艶な美女たち……近未来の日本を舞台にしたハードボイルドSF。とても面白いので興味ある方はぜひ読んでみてくださいね。
若き日の正子公也がどのコマを描いたか……これはちょっと分からないかもしれませんね。
GOKU(1(神の瞳編))


COBRA黒竜王COBRA THE ANIMATION[DVDソフト] コブラ -ザ・サイコガン- VOL.1 特別版
[PR]

by suiko108blog | 2009-02-24 00:07 | Comments(0)
2009年 02月 23日
寺沢武一先生からお花を贈っていただきました
b0145843_19275711.jpg
東京八王子展、高松展等に続き、正子の師匠・寺沢武一先生より、「大三国志展」5つ目のお花が前橋展にも届けられました。
寺沢先生、いつもいつも本当にありがとうございます!
寺沢武一先生公式サイト-buichi.com

「大三国志展」群馬展

2009年2月11日(水・祝)〜3月15日(日)
開館時間 AM10:00 〜PM6:30(入場はPM6:00まで)

グリーンドーム前橋サブイベントエリア
〒371-0035
群馬県前橋市岩上町1-2-1
「大三国志展」群馬展

主催 上毛新聞社、「大三国志展」群馬展実行委員会

入場料:一般1100円(前売り900 円)、大高生800 円(前売り700 円)、中小生500 円(前売り400 円)消費税込
※20名以上の団体は前売り料金
※前売り券はグリーンドーム前橋ほかで好評発売中

お問い合わせ先:上毛新聞社事業局 TEL.027-254-9955
上毛新聞社HP・大三国志展情報 

横浜中華街の中華総合アミューズメントビル「横浜大世界」さんでも「三国志フェア」開催中です。→こちらをご覧ください
[PR]

by suiko108blog | 2009-02-23 00:26 | イベント・グッズ | Comments(0)
2009年 02月 22日
前橋にて突然サイン会
b0145843_0421924.jpg
今回の「大三国志展」前橋に協賛しているヤマダ電機さんの本店でも、『三国志フェア&中国物産市』が開催されています。「大三国志展」見学の続きでちょっと会場に遊びに行くつもりだったのですが、急遽、会場でサイン会が開催されることになりました。お店に着いたらポスターが貼ってあったりしてびっくり!
とはいえ殆ど告知もされていませんし、平日の昼間ですので誰もいないかもと不安が高まりましたが、偶然に来店されていた方や、わずわざ東京から来てくださった方など、1時間ほどファンの皆さんと交流することができました。
b0145843_0433061.jpg
ご来場のみなさん、ありがとうございました。



「大三国志展」群馬展

2009年2月11日(水・祝)〜3月15日(日)
開館時間 AM10:00 〜PM6:30(入場はPM6:00まで)

グリーンドーム前橋サブイベントエリア
〒371-0035
群馬県前橋市岩上町1-2-1
「大三国志展」群馬展

主催 上毛新聞社、「大三国志展」群馬展実行委員会

入場料:一般1100円(前売り900 円)、大高生800 円(前売り700 円)、中小生500 円(前売り400 円)消費税込
※20名以上の団体は前売り料金
※前売り券はグリーンドーム前橋ほかで好評発売中

お問い合わせ先:上毛新聞社事業局 TEL.027-254-9955
上毛新聞社HP・大三国志展情報 

横浜中華街の中華総合アミューズメントビル「横浜大世界」さんでも「三国志フェア」開催中です。→こちらをご覧ください
[PR]

by suiko108blog | 2009-02-22 02:00 | イベント・グッズ | Comments(2)
2009年 02月 21日
「大三国志展」IN前橋、好評開催中
b0145843_0354192.jpg
現在、「大三国志展」が群馬県前橋市のグリーンドームにて好評開催中です。会場は今回の巡回先でいちばん広く、ゆったりと文物を鑑賞することができます。また、会場では中国物産展も行われており、さまざまなお土産ものや書籍、食品なども販売されています。日本では最後の開催地となりますので、近県の方もぜひお誘い合わせのうえお出かけください。

会場には正子公也のイラストもすべて展示していただいています。
今回、最後とあって取材をかねて会場へ出掛けてきましたが、「正子先生来場」の報に、館内にいた見学者の皆さんがサインを求めて行列する場面も。その様子は2月19日の上毛新聞にも掲載されました。


「大三国志展」群馬展

2009年2月11日(水・祝)〜3月15日(日)
開館時間 AM10:00 〜PM6:30(入場はPM6:00まで)

グリーンドーム前橋サブイベントエリア
〒371-0035
群馬県前橋市岩上町1-2-1
「大三国志展」群馬展

主催 上毛新聞社、「大三国志展」群馬展実行委員会

入場料:一般1100円(前売り900 円)、大高生800 円(前売り700 円)、中小生500 円(前売り400 円)消費税込
※20名以上の団体は前売り料金
※前売り券はグリーンドーム前橋ほかで好評発売中

お問い合わせ先:上毛新聞社事業局 TEL.027-254-9955
上毛新聞社HP・大三国志展情報 

また、ヤマダ電機本社のある「LABI1高崎」4階にて、 『三国志フェア&中国物産市』が同時開催中です!

横浜中華街の中華総合アミューズメントビル「横浜大世界」さんでも「三国志フェア」開催中です。→こちらをご覧ください
[PR]

by suiko108blog | 2009-02-21 00:38 | イベント・グッズ | Comments(0)
2009年 02月 20日
☆「絵巻水滸伝」官軍名鑑・百官有司編(二)
b0145843_23375430.jpg

☆太尉 高求
(たいい こうきゅう)


 禁軍の長官である殿帥府太尉で、天子の寵愛をかさに朝廷を牛耳る四姦の一人。
 もとは開封の街をうろついていた無頼漢で、正業にはつかず、もっぱら強請やたかりで暮らしていた。また若い頃から槍や棒、相撲といった武術、歌舞音曲など一通りの芸をかじっており、特に蹴毬が上手かった。そのため“高毬”と呼ばれたが、やがてその芸により皇帝の寵臣となり、殿帥府太尉という高位に抜擢された。
 太尉となった高毬は名も高求と改め、棒術師範・王進や“豹子頭”林冲、青面獣”楊志らを迫害するなど、思うままに権力を振るう。実在の高求も兵士を私用に使うなど職権濫用し、禁軍の腐敗を招いた人物である。

※高求は正しくは高【イ求】です。
[PR]

by suiko108blog | 2009-02-20 00:26 | 絵巻水滸伝人物名鑑【官軍】 | Comments(0)
2009年 02月 19日
「百花三国志」フィギュア 呂布と貂蝉
b0145843_2019053.jpg
先日ご紹介したブロンズ風・呂布と貂蝉フィギュアの彩色バージョンです。こちらはサンプルとして一体だけ作られ、商品化はまだ未定となっています。
彩色版では、貂蝉の可憐さが際立っていますね。
b0145843_20262476.jpg


呂布と貂蝉フィギュアのブロンズ風仕上げは→こちら
[PR]

by suiko108blog | 2009-02-19 01:18 | イベント・グッズ | Comments(2)