2017年 11月 09日
故事成語篇・鶏鳴狗盗
  鶏鳴狗盗(けいめいくとう)
b0145843_22493134.jpeg
“今孟嘗君”とも呼ばれる梁山泊の“小旋風”柴進は、自分の抱える異能集団を『鶏狗』と呼んでいます。
その由来となった「鶏鳴狗盗」とは、鶏の鳴き真似のうまい者と、犬のように人の家に忍び込むこそどろのこと。鶏鳴狗盗が孟嘗君の危難を救った故事から、つまらない能力の者も養っておけば役に立つ、という意味でもあります。
孟嘗君(もうしょうくん)は戦国時代の斉の公子で、私費を投じて屋敷に三千人ともいわれる多くの食客を養っていました。その中には亡命者や罪人もおり、また一芸があれば鶏鳴狗盗のような者でも厭いませんでした。そして、実際、秦で危地に陥った孟嘗君を救ったのは、脱出のための賄賂となる白狐の皮衣を盗み出した“狗盗”と、夜明けを告げて城門を開かせた“鶏鳴”であったのです。
柴進の『鶏狗』たちは、名もなき者でありながら、それぞれ人には真似できない能力の持ち主です。それを『鶏狗』と名付けたのも、皇統の貴子・柴進一流の諧謔なのでしょう。
なお、孟嘗君が封じられた薛の地は、梁山泊の西北100キロに位置します。このあたりには後々まで荒々しい無頼の気風があった──と、司馬遷が『史記』に書き残しています。
 (挿絵は「絵巻水滸伝」より“小旋風”柴進)

『絵巻水滸伝/第125回 黄金の花咲く森で・後篇』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝


b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers     梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。


[PR]

by suiko108blog | 2017-11-09 00:00 | Suiko108 クロニクル | Comments(2)
Commented by しろうさ at 2017-11-09 21:08 x
実際のところ、現存していない講談の中には、やっぱり柴進と盧俊義+燕青ものも多かったんじゃないかな……とちょっとロマンを感じますね。
やっぱり「いざという時に頼りになる主」+「異能を持つ従者たち(あるいはイケメンの従者)」
……この設定は美味しすぎる!
Commented by suiko108blog at 2017-11-09 21:42
> しろうささん
やはり、薄い本がたくさん……?
中国の古目の小説を読んでいると、彼らは、所謂“萌え”を理解しているなと感じることが……。


<< 歴史銘菓~次郎長笠(風月堂)      『鶏狗』 >>