2017年 10月 13日
『第125回 黄金の花咲く森で・後篇』本日公開!
b0145843_10150236.jpg
黄金の花咲く森で、“天貴星”をいざなう、“運命の女”。
“封印の書”が告げる、天の啓示。星の言葉。すなわち“宿命”。

最後の夜。
(俺が決着をつけよう)
ひとり、方臘暗殺に赴く、“浪子”燕青。

“同行する者”と出会うとき、やがて訪れる、“目覚め”とは──。

『絵巻水滸伝/第125回 黄金の花咲く森で・中篇』本日公開! キノトロープ/絵巻水滸伝

【お知らせ】 絵巻水滸伝のFacebookが始まりました! アカウントがなくても見られますので、覗いてみてくださいね。
『絵巻水滸伝Facebook』



絵巻水滸伝第二部書籍は、正子公也オフィシャルショップAmazonにて好評発売中です。
b0145843_19433843.jpg



b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。


[PR]

by suiko108blog | 2017-10-13 11:17 | 絵巻水滸伝 | Comments(11)
Commented by suiko108blog at 2017-10-13 13:33
【SUIKO108からのお願い】Facebookの使い方がまだよく分からないのですが、フォローとか、イイネとか、よろしければ押してみてくださいね!
スライドショーを作るのが楽しいです。
Commented by 雲海 at 2017-10-13 22:18 x
こんばんわ。
さっそく、125回 黄金の花咲く森で後編
今回は、ロマンスに酔いましたねぇ。
まさか、あの貴き星にこんなロマンスが語られる日が
来ようとは!
最近、この貴き星は何で女性がまわりにいないんだろうかねぇと顧ばば地味たことをなんとなく考えていました。
こういうことでしたか。酔いしれましたねぇ。この2人はどうなっていくか気になるところですが・・・来月はお休みですので、招安編を読んで次回を待ちたいと思います。
最後に好漢校正です。
頭の中にほぼ出来た。→頭の中にほぼ出来ていた。
柴進のために死に、“鶏狗”と呼ばれたものどもは、たった一人も残っていない。→柴進のために死に、“鶏狗”と呼ばれたものどもは、時遷を除いてはたった一人も残っていない。
Commented by suiko108blog at 2017-10-13 22:57
> 雲海さん
こんばんは!今月もありがとうございます!
今回は平和そうで……やっぱり平穏にはすみませんでした。
まさに独身貴族(死語?)の柴進、モテそうですから、考えちゃいますよね。
それにしても、方臘軍、美女・美少女が多い……!最後まで、柴進・燕青の二人から目が離せません。
連載に、書籍化作業に、販売告知活動に、と毎日が目まぐるしく、次回を楽しみにしてくださっている読者の皆様には申し訳ありません。
12月の更新まで、書籍版でお楽しみください!
Commented by ロウカスト at 2017-10-14 10:59 x
誤字を見つけました。

前回の中編に、「見上げると、満点の星だった。」 → 満天の星
今回に「その風景は、高貴で神秘な一副の絵だ。」 → 一幅の絵
Commented by suiko108blog at 2017-10-14 11:06
> ロウカストさん
ありがとうございます!助かります!
至らないところの多いサイトですが、みなさんに関心を持っていただいて嬉しいです……!

Commented by 御霞月 at 2017-10-14 22:05 x
更新楽しみにしておりました!

まさか『宋江三十六人』ネタを本編にこのような形で取り入れるとは思いませんでした!
水滸伝の成立史などを勉強したことのある人ならニヤリとすること間違いないですねw

次回からはとうとうあの「烏竜嶺」が舞台になりますか…
原典読者としては悪夢のような地名ですが、これからの激闘、死闘がどのように描かれるのか、しっかりと見届けたいと思います
Commented by suiko108blog at 2017-10-15 09:37
> 御霞月さん
おはようございます!
おお……さすが!細かいネタに気づいていただいて、ありがとうございます!
好漢たちが、宣和遺事や三十六人賛を見たら、どんな顔をするかな……と考えるのも楽しい(?)ですね。
烏竜嶺って名前からして凶悪……皆には、がんばって越えてほしいです!
Commented by 中道 at 2017-10-15 16:57 x
こんにちは。
今月もワクワクしながら読まして頂きました、ありがとう
ございます、辛い事悲しい事の連続でしたが、先月今月と
すこし一息つけたいうところでしょうか、でも次回からまた
激戦の連続になりそうですね!
しかし方杰殿のくやしい気持ちわかるな(笑)、彼なんか
こんな出会いでなかったら、いい友になれそうなナイス・
ガイなのに、婁敏中殿もそうですが方臘陣営にも好漢が
いますね、彼らを最後は結果的には裏切るになるのは
すこし切ないですね。
そして今回は個人的には星珠ちゃんでしょう、やっと
あこがれの人に逢えましたね、今後のこの二人にも
注目したいです (辛い事が待ち受けいるのかな・・・)

P.S. 12月予定の第一部の新装版もたのしみですね
本編はもちろんですが、表表紙、裏表紙、背表紙
はたして誰が登場するのか?
そうそうFacebookの美女図鑑のスライドショーも
いいですね、これはシリーズになるのですか?
こちらもたのしみにしています!
                                         
Commented by suiko108blog at 2017-10-15 19:28
> 中道さん
こんばんは、いつも嬉しい感想ありがとうございます!
これからどうなってしまうのか、先行きが気になる人達ばかりですが、とりあえず、今月は誰も死ななくてよかった!
星珠ちゃんは、きっと幸せになれます!

Fbも見ていただいて、ありがとうございます。
美女図鑑は、美女がいるかぎり続く……?
機能的に細かな編集はできないのですが、十節度使篇はスピーディーに作ってみました。
次は誰が登場か、書籍の方とあわせて、こちらも予想してみてくださいね!

Commented by しろうさ at 2017-10-18 21:01 x
そうそう!こういうロマンスがたまになきゃ……。
とは思いましたが、全員、どうして一筋縄ではいかない女性ばかりに恋してしまうのでしょうか(儚げですが芯の強い女性が多いですよね……いえ、そうでなければこの乱世で生き残ることができないのかもしれませんが)。
まさかの石宝が一筋の光を……応援してしまいましたよ!

>「“黒旋風”鉄牛の相棒に、“小旋風”という凶悪な野郎がいて、二人で山で追剥をしていたそうですよ」
>柴進は思わず茶にむせそうになった。
私は本当にコーヒー吹きました。

鉄牛にロマンスはないだろうな……。
Commented by suiko108blog at 2017-10-19 10:31
> しろうささん
おはようございます!すっかり寒くなり、雨の東京です。
今回はひさびさに潤い(?)ありましたね。カサカサになった石宝さんの心も、少しは潤ったでしょうか……。
女性たちの戦いも続きます。

かわいそうな柴進……李逵が殷天錫を殺した事件が、そんなふうに伝わったのでしょうか。
そういえば、鉄牛にロマンスがある映画がありましたね……なんというか……微妙でした……。


<< 『第125回 黄金の花咲く森で...      『絵巻水滸伝 第二部 招安篇』... >>