2017年 04月 14日
『絵巻水滸伝「第124回 嵐の日、その星は輝き(三)乱れ星」』本日公開!

b0145843_18430693.jpg

(“北斗”が欠けた)
“赤髪鬼”劉唐、侯潮門に死す!
“急先鋒”索超、“火眼俊猊”登飛──。激しい戦いのなか、次々と命を落とす、梁山泊の好漢たち。
“軍神”呼延灼に、勝算はあるのか。
そして、“智多星”呉用、最後の切り札とは──。

「ひとつ“闘船”といこうかのう!」
西湖に激突する、方臘水軍と梁山泊水軍。
率いるは、水軍総帥“混江竜”李俊。
目指すは、張順殉難の地──“湧金門”だ。

※文中の「火眼俊猊」は、正しくは
b0145843_18484233.gif
です。


※文中の「登飛」は、正しくは
b0145843_18484843.gif
です。

『絵巻水滸伝/「第124回 嵐の日、その星は輝き(三)乱れ星」』本日公開! キノトロープ/絵巻水滸伝


b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。


[PR]

by suiko108blog | 2017-04-14 11:47 | 絵巻水滸伝 | Comments(8)
Commented by 飛蝗 at 2017-04-14 21:47 x
いよいよ杭州決戦クライマックスまであと僅かとなりましたね。水軍の「ついに俺たちの出番だ」と言わんばかりの堂々とした様に「これぞ梁山泊軍!」と喝采を送りたくなります。陸で何人もの好漢が落命するなど悲劇が続いただけに、より華々しさが際立つようです。次回も楽しみにしております。
Commented by 雲海 at 2017-04-14 22:47 x
こんばんわ。
第124回嵐の日、その星は輝き(三)乱れ星
今回も非常に愉しく読ませていただきました。
今回は群像絵巻で、残されたもの・・・いや死した好漢たちも非常に恰好良かった・・・!
地囚星・・・私は「梁山泊」に囚われているといったイメージでいましたが、・・・やはり、そうなんですね。ぐっときましたよ。李忠も陳達も本当かっこいいね!水軍の連中も雄さん、石秀もねぇ。・・・あぁ、今回はとても書ききれません。最後に楊林の哀しみは僕らの哀しみですねぇということで次回をお待ちしてます。
講談師殿、是非、今度一緒に飲みましょう。
校正は・・・ネタバレしそうですから、数日してからにします。
Commented by suiko108blog at 2017-04-15 19:29
> 飛蝗さん
こんばんは!毎月ありがとうございます。
今回は熱い回でしたね……!
どんな運命にも負けず!がやはり梁山泊らしいです。見習わなければ……!
桜も見頃になりましたね。春を満喫してください。
来月も、どうぞお楽しみに!
Commented by suiko108blog at 2017-04-15 19:35
> 雲海さん
毎月ありがとうございます!
やはり、朱貴はそういうイメージでしたか!あの人は、梁山泊のほとりに孤独に棲んでいるのが本当に似合いますよね。そして、そこに訪れた林冲……!寡黙な朱貴の人生をふと垣間見た思いです。
来月はいよいよ杭州戦クライマックスです!
Commented by 中道 at 2017-04-15 20:10 x
こんばんは。
まず今月もすばらしい物語世界を読ましてもらえたことに感謝!です。
本当に杭州戦は絵巻水滸伝史上最大の激戦ですね、楊林殿の(それでも、わしは、書かねばならぬのか)なんか両先生の気持ちを代弁しているようだな、楊林殿は登飛殿とも古くからの付き合いでしたよね、そして宋頭領の誰を失っても悲しいですが劉唐殿を失った衝撃、おもわず二人の印象的な初めての出会いを読み返してしまいました。
丁得孫殿・・・悲しみ深いな(涙)・・・でも関菩薩の下で僕の一押しの関鈴君が、がんばっていてホッとできるところでした、では杭州戦決着に向かって来月も楽しみにしています、有難うございます。

林教頭、復活待ってます!!

Commented by suiko108blog at 2017-04-16 09:17
> 中道さん
おはようございます。
今月も楽しんでいただけて嬉しいです!
たくさんの人物がそれぞれの人生や思いを抱えて戦う姿に、こちらも様々な思い出が蘇りますね。
饒舌な楊林と寡黙(?)なトウ飛は、いったいどんな付き合いだったのか……。社交家の楊林は108人全員と仲良くしてたと思うので、この戦いの打撃も大きいことでしょう。筆を折ってしまわないか心配です。
関鈴くんは今後も元気にがんばってくれるハズ!ご期待ください。
Commented by しろうさ at 2017-04-16 10:25 x
好漢のみなさんの活躍は他の方が既に書かれているので……
爽やか好青年の方天定の笑みがすご~く気になりました……。
クライマックスということで、××だろうなとは思うのですが、何か(想定外の)不吉な予感もします……。
>筆を折ってしまわないか心配です
物書きの宿命(ハッピーエンドばかりの物語はつまらないですよ)+楊林は地暗星。きっとどんなに暗い闇でも乗り越えてくれると信じてます!
Commented by suiko108blog at 2017-04-16 12:21
> しろうささん
いつもありがとうございます。
皆さんの励ましで、我々も、好漢たちもがんばれる気がします!
楊林、性格が明るいのに地暗星なんて、楊志と対照的ですよね……。
楊志もがんばったし、きっと楊林も最後までやりとげてくれます!
来月もお楽しみに!


<< 『絵巻水滸伝「第124回 嵐の...      好漢飯~助っ人革命篇 >>