2017年 04月 07日
★第2巻登場好漢(1)
b0145843_20321235.jpeg



 “青面獣”楊志(せいめんじゅう ようし)

顔に大きな青痣があり、それゆえに“青面獣”と呼ばれます。彼は名門・楊家の出身で、武挙(ぶきょ・武官の登用試験)に受かって禁軍の武官になります。しかし、衆に優れた武芸も、名門の栄誉も、打ち続く不運の前には無力でした。楊志は勅令による花石綱(かせきこう・天子に供する奇岩の輸送)に失敗し、起死回生をかけた生辰綱(せいしんこう・宰相への誕生祝い輸送)をもしくじって、ついに二竜山の賊となります。
運命に弄ばれるように流転するなかで、楊志が唯一、心の拠り所としていたのが、伝家の宝剣“吹毛剣”(すいもうけん)でした。楊志の曾祖父にあたる、楊業の遺品と云われる剣です。
楊業は太原(現在の山西省)の人。若い頃から任侠を好み、騎射に優れた豪傑として知られていました。初め北漢国に仕え、節度使として数々の軍功をあげて「無敵」と号せられましたが、のちに腐敗した北漢の朝廷を見限って宋の太宗に降ります。宋国の将となった楊業は、たびたび北方の契丹(きったん)族を破り武功を立てます。契丹軍は楊業を恐れ、その旗を見ただけで撤退していくほどでした。
しかし、雍熙三年(986年)、契丹との戦いに赴いた楊業は、上官として同行した奸臣・潘美に陥れられ、寡兵をもって不利な地に布陣させられることになります。楊業は力戦するも敗れ、身には数十創を負い、士卒は全滅し、馬もまた重傷を負って倒れます。まだ僅かな兵が残っていた時、楊業は彼らに「自分とともに死ぬことはない。ここを去って生き延びろ」と語りかけます。しかし、一人として去る者はいませんでした。
楊業は息子とともに捕虜となり、契丹軍が求める降伏を拒否し、絶食すること三日にして、ついに非業の死を遂げます。その死のありさまを聞いて、泣かぬ者はいなかった──と云われています。
過酷なまでに続く不運にもめげない楊志の強靱な意志は、この不屈の英雄の血を受け継いでいるという誇りに支えられているのです。


『絵巻水滸伝』書籍版の全十巻は絶版となっていますが、正子公也オフィシャルショップで新品を購入することができます(残部僅少!)。
b0145843_19433843.jpg


b0145843_18581166.jpg
我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。



[PR]

by suiko108blog | 2017-04-07 00:00 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)


<< 『たまののミュージアム』リニュ...      高級飯VS庶民飯 >>