2017年 02月 20日
『絵巻水滸伝』ハイライト(221)
『絵巻水滸伝 第10巻〜結集百八星 』ハイライト(8) 

「盧俊義殿と石秀を渡してもらおう」
 地下まで響いてくる喧騒の中で、二人はいつもと変わらぬ顔で言った。
「ひとつ条件がある」
b0145843_21310143.jpg
「われらも梁山泊に連れて行ってくれ」
「──よかろう」
 柴進が答えた時、その背後でぎゃっと悲鳴が上がった。振り向くと、牢番が血を吹いて倒れるところだった。
b0145843_21311190.jpg
「──楊雄」
 闇の中から現れたのは、“病関索”楊雄であった。
 薊州の“首斬り楊雄”──たとえその名は知らずとも、男の全身から立ちのぼる血の匂い、そして死臭に、宋国のすべての人間に恐れられるべき“慶福”が、生涯初めて戦慄した。

  (『第66回 元宵』より)


『絵巻水滸伝/「第124回 嵐の日、その星は輝き(一)予感』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝


b0145843_18581166.jpg




  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。


[PR]

by suiko108blog | 2017-02-20 00:00 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)


<< 戦国散歩~豪徳寺      正子公也作品集『LEGEND!... >>