2016年 11月 08日
『絵巻水滸伝』ハイライト(214)
『絵巻水滸伝 第10巻〜結集百八星 』ハイライト(1) 
「天は、我々の愛を祝福するようだ」
 待たせた──と言ったのは、今日のことだけではない。
 今、“大刀”関勝が勅命を受け、梁山泊を攻めている。しかし、梁山泊は容易には落ちないだろう。
 遠からず、この東昌府も戦に加わることになる。
 そうなれば、程万里はもとは枢密使・童貫の屋敷に雇われた門館先生──子弟の家庭教師である。童貫の推挙で知府にまでなったものだ。文官であり、軍事のことは董平に任せるしかない。輝かしい軍功が、かっこうの結納となるだろう。
「“醜郡馬”宣贊は、矢一本で郡主を賜ったという。俺は二本の槍でお前を得ることになる」
 董平は恋人の肩を抱きしめた。
b0145843_13391834.jpg
「約束しよう。必ず、お前を妻に迎える」
 麗芝は小さく頷いた。
 止みそうになっていた雪が、寄り添う二人の上に再び激しく降り始めていた。

  (『第66回 元宵』より)


『絵巻水滸伝/『第122回 愚者の宴(四)』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。
[PR]

by suiko108blog | 2016-11-08 00:00 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)


<< 絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之十五      好漢飯~四川麻辣湯 >>