2016年 04月 27日
『絵巻水滸伝』ハイライト(191)
『絵巻水滸伝 第9巻〜大戦梁山泊 』ハイライト(41)

「しかし」
 柴進は、一同を見回した。盧俊義たちはそれで助かるが、牢に残った“朦朧”と“無息”は、そのまま処刑されることになる。
「それが、“鶏狗”や」
 時遷が言った。姿形も歳も出自も全く異なる男たちが、声を揃えた。
「我ら、もとより生を求むるものに非ざるなり」
b0145843_2302212.jpg
 部屋にいた“鶏狗”たちは、みな柴進の食客として長く養われてきた者たちだ。彼らはこの時のために生き、柴進のために死ぬのだ。
 止むること、あたわず──“飛脚”が言った。誰にも止めることはできない、と。名もなき男たちの顔に、柴進すら侵しがたい、誇りがあった。

  (『第64回 虚実』より)


『絵巻水滸伝/「第121回 彼方の岸・嘆きの門(二)」公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。
[PR]

by suiko108blog | 2016-04-27 00:00 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)


<< illustration (...      宮城ふるさとプラザ >>