2016年 04月 21日
『絵巻水滸伝』ハイライト(190)
『絵巻水滸伝 第9巻〜大戦梁山泊 』ハイライト(40)

(まさか──ひとりか)
 石秀は立ち塞がる兵を斬り払い、あるいは殴り伏せ、まっしぐらに盧俊義のもとへ走っていく。すでに全身は返り血で真っ赤に染まっていた。
 石秀は盧俊義に駆け寄ると、背中に担ぎ上げ、朴刀を握りなおした。槍を構えた兵隊たちが、二人に向かって殺到していく。
b0145843_20505121.jpg
 梁山泊軍襲来の報は北京城を走り、更に続々と部隊が広場に集まっていた。石秀は兵隊たちのただ中に飛び込み、たちまち二、三十人も斬り倒したが、兵は洪水のように押し寄せる。

  (『第64回 虚実』より)


『絵巻水滸伝/「第121回 彼方の岸・嘆きの門(二)」公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

平成28年熊本地震災害義援金

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。
[PR]

by suiko108blog | 2016-04-21 00:00 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)


<< 好漢飯~飲茶失敗篇      石神井城~戦国散歩 >>