2016年 04月 06日
『絵巻水滸伝』ハイライト(189)
『絵巻水滸伝 第9巻〜大戦梁山泊 』ハイライト(36)

「そこまでだ!!」
 突如、人々の頭上に声が響いた。
 刑場に面して一軒の高層の居酒屋がある。その二階の窓を蹴破り、飛び散った玉の簾の中から、朴刀を手にした一人の男が雄叫びとともに飛び出した。男は刑場の真ん中に着地すると、一刀のもとに衛兵を斬り捨てた。野次馬の列が悲鳴をあげてどっと崩れた。逃げまどう群衆と警備兵たちが入り乱れる中を、男はまっしぐらに盧俊義めざして走った。
「あれは!!」
 さしもの柴進も目を疑った。しかし、不敵に笑うその横顔に、見間違いのあるはずはない。
 その男こそ、梁山泊の命知らず──“弃命三郎”石秀であった。
「梁山泊、参上!!」
b0145843_09227.jpg


  (『第63回 埋伏』より)

『弃命三郎』の「弃」は、正しくは
b0145843_20563945.gifです。


『絵巻水滸伝/「第121回 彼方の岸・嘆きの門(一)」公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。
[PR]

by suiko108blog | 2016-04-06 00:00 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)


<< 湧金門の張順      新聞小説『家康』、新章開幕! >>