2015年 07月 06日
『絵巻水滸伝』ハイライト(160)
『絵巻水滸伝 第9巻〜大戦梁山泊 』ハイライト(7)

 徐州沛県に一群の山あり。
 芒と湯の地に連なる山を、人は芒湯の山と呼ぶ。すなわら、秦末、漢朝の高祖・劉邦が反逆者として立てこもった山──王の地である。
 しかし、今や、山はさびれ、荒れ果てて、山腹に一古道観を遺すのみ。聞こえるものは、風の音、松籟の声、そして、嫋々と尾を曳く猿嘯のほかは、ない。
 その崩れかけた道観を見下ろす峰に、一人の男が立っていた。
b0145843_19411823.jpg
b0145843_19415571.jpg
 身には鋼の鎧をまとい、背には二十四本の飛刀を担う。男は、狙いすましては飛刀を放った。ひとつ放っては、しばし考え、また放つ。右へ、左へ、上へ、次には大きく体を捩って背後へと。放たれた飛刀は風を切り、狙った葉へ、梢の枝へと、あまたず当たった。

 (『第61回 混沌の王』より)
※文中の「芒湯の山」は、正しくは芒【石+昜】の山です。


『絵巻水滸伝/「第118回 風・前篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝

b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。
[PR]

by suiko108blog | 2015-07-06 00:00 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)


<< 絵巻水滸伝人物名鑑(王慶篇)      「夢のいきもの大募集!」 >>