2015年 02月 02日
『絵巻水滸伝』ハイライト(141)
『絵巻水滸伝 第8巻〜替天行道 』ハイライト(26)

「静まれ──父上のおなりだ」
 どよめく曽頭市軍の中央に、青地に黄金の鷹を描いた大旗が掲げられた。隊列が二つに割れる。旗竿を支えている長身の男は“険道神”郁保四。巨大な旗は、その前を行く一人の男を包み込むようにたなびいていた。
b0145843_23222544.jpg
 その男──女真の弁髪を垂らし、身には銀狐の毛皮を纏った壮士こそ、曽頭市の主、曽弄だった。
b0145843_23223617.jpg

(『第58回 征途』より)


『絵巻水滸伝/ 第115回「幻・後篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝

b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。
[PR]

by suiko108blog | 2015-02-02 00:00 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)


<< 絵巻水滸伝人物名鑑(田虎篇)      『絵巻水滸伝「第115回 幻・... >>