2015年 01月 27日
『絵巻水滸伝』ハイライト(140)
『絵巻水滸伝 第8巻〜替天行道 』ハイライト(25)

 その瞬間、風が凪いだかに思われた。
 梁山泊軍と曽頭市軍は距離をとり、川を挟んで対峙した。あくまで晴れた空の下、曽頭市軍の陣頭に七人の将が進み出る。
 欧鵬が、皆にその名を教えた。母親が全部違うという“曽家の五虎”は、その容貌もまるで異なっていた。
b0145843_2355247.jpg
 長男の曽塗は鷲のような鋭い目と鼻を持ち、長槍を携えた男だ。次男、曽密は書生の容貌で手には鉄扇。独眼の三男、曽索は使い込まれた鎖鎌を腰に挿していた。ひときわ目立つ、“黄鼠狼”と呼ばるれ四男の曽魁は肥満した巨体で、自分の頭ほどもある鉄錘を弄んでいた。末子の曽昇はまだ少年で、武術師範の蘇定に伴われてやや下がった位置にいた。青石を嵌め込んだ華麗な甲冑に身を包み、弓と矢を鞍にかけている。しかし、この少年ですら、すでに眼差しに精悍な猛虎の片鱗を見せていた。
b0145843_2355424.jpg
 そして、もう一人の男──その男の名だけは、聞かずとも晁蓋は知っていた。
(──史文恭)
b0145843_235557100.jpg

(『第58回 征途』より)


『絵巻水滸伝/ 第115回「幻・後篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝

b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。
[PR]

by suiko108blog | 2015-01-27 00:00 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)


<< 絵巻水滸伝人物名鑑(遼国篇)      第参回全国武将隊天下一決定戦~... >>