2014年 12月 22日
『絵巻水滸伝』ハイライト(138)
『絵巻水滸伝 第8巻〜替天行道 』ハイライト(23)

 夜明け前、まだあたりは薄暗かった。敵軍の数はおよそ千五百。偵察を兼ねた先鋒軍である。率いるのは、曽家の四男“黄鼠狼──イタチ”と呼ばれる曽魁だった。目つきの鋭い、ひどく肥満した巨漢だが、その動きはあだ名のごとく敏捷で、一対の鉄錘を使う。曽魁は先頭に立ち、まっしぐらに梁山泊軍に突撃してきた。
b0145843_157424.jpg
b0145843_15731100.jpg
 (『第57回 玉麒麟』より)

『絵巻水滸伝/ 第115回「幻・前篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝

b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。
[PR]

by suiko108blog | 2014-12-22 00:00 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)


<< 『国宝 犬山城』!      「三日月に祈る∞戦国の麒麟児 ... >>