2013年 04月 05日
「常山の鶴姫」(続き)
b0145843_045588.jpg
   常山に儚く散った、悲運の姫武将
         女軍を率いて毛利と戦う  


 備中の覇者、三村家親の娘にして、備前国常山城主、上月隆徳の妻。

     常山の鶴姫
(続き)

 松山城落城により、毛利軍の標的は、鶴姫の住む常山城に絞られました。
 六月になると、常山城は毛利軍によって包囲され、孤立無援の戦いを強いられることになります。城主の上月隆徳は家臣や幼い息子たちとともに奮戦し、本丸近くまで攻め寄せた毛利軍を一度は押し返します。
  しかし、毛利軍の兵力は圧倒的で、頼りにしていた四国からの援軍も来ることはありませんでした。
 
 隆徳はついに覚悟を決め、城内で別れの宴を催すと、六月七日朝、最後の戦いに赴きます。
 この時、鶴姫もまた甲冑を身につけ、父の形見の二尺九寸の国平が鍛えた太刀を佩き、白柄の長刀をとって打ち出します。

「寄せ手は兄の敵なれば、これを討たずして、やみやみと自害するは口惜しき事なり」
 
 鎧の上に紅の薄衣をひるがえし、凛々しく武装した鶴姫の後ろには、三十四人の侍女たちも武器を握って従いました。
 
 鶴姫は颯爽と毛利軍に斬り込むと、五人を倒し、七人に手傷を負わせます。しかし、衆寡敵せず、侍女たちは次々に討ち取られてゆき、鶴姫もいくつもの傷を負います。


「もはやこれまで」

 最期を悟った鶴姫は、敵中に浦(乃美)宗勝の姿を見つけ、声をかけます。宗勝は小早川水軍を率いる武将で、たいへん武名の高い人物でした。

 鶴姫は三村家の家宝である国平の太刀を差し出すと、

「この太刀も、もはや入用なし。さしあげるゆえ、我らが後世を弔いたまえ」

 そう言い残し、隆徳とともに城内に戻り、自害しました。鶴姫に続いて、上月家の人々もことごとく命を断ち、この日、常山城は落城しました。

 美しい常山を舞台に繰り広げられたこの常山合戦は、「常山女軍の戦い」として、今も広く世に語り継がれています。

              (『備前軍記』より)

b0145843_0224397.jpg
          「児島富士」常山(標高307m)

b0145843_649393.jpg
岡山県玉野市での「正子公也武将画展~常山の鶴姫と岡山ゆかりの戦国武将たち」、好評開催中です!
会期は5月末日まで。ぜひご訪問ください。

会場は、岡山駅からJR宇野線で約45分 - 宇野駅- 徒歩約15分
ショッピングモール メルカ2階「たまののミュージアム」
   ↓
http://tamanokankou.com/kankou/tamanono_museum/

時間 10:00~19:00(水曜休み)
入場料 無料
お問い合わせ 0863-31-6131


b0145843_18581166.jpg
  我々は決して負けない!! All Men Are Brothers        梁山泊一同

被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。

東北地方太平洋沖地震消息情報検索
日本語、英語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5カ国語に対応しています。
[PR]

by suiko108blog | 2013-04-05 00:01 | イベント・グッズ | Comments(0)


<< 山城に登ってみよう!      「常山の鶴姫」 >>