2011年 01月 25日
『絵巻水滸伝』ハイライト(99)
『絵巻水滸伝 第7巻〜軍神独歌行』ハイライト(11)

 戦闘はすぐに始まった。
 厳寒である。雪まじりの風が吹く枯れた大地に、戦鼓の轟きが雷鳴のごとく響き渡った。“霹靂火”秦明が狼牙棒を手に、背後には精鋭・青州兵を従えて、一直線に呼延灼軍へ突進していく。それに応じて官軍から“百勝将”韓滔が出た。兜には“百”の一字を戴き、手には身の丈に余る棗木槊を握っている。
「貴様が呼延灼か!!」
「山賊に名乗る名は持たぬ!!」
b0145843_1524825.jpg



絵巻水滸伝(第7巻)(第五十回 襲来より)
[PR]

by suiko108blog | 2011-01-25 01:53 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)


<< 『絵巻水滸伝』ハイライト(100)      『絵巻水滸伝』ハイライト(98) >>