2010年 12月 12日
『絵巻水滸伝』ハイライト(95)
『絵巻水滸伝 第7巻〜軍神独歌行』ハイライト(7)

b0145843_023953.jpg
 降り注ぐ炎の星と、舞い上がる漆黒の風。雷鳴、火炎、雲が渦巻き、嵐が荒れた。秋の陽は翳り、この世ならぬ紅蓮の色が空を染め上げていた。
 その直中にそびえ立つ、睨み合う二人の巨人。つむじは天頂に届き、両脚は山河を踏みしめる。鋼の肌は光を映し、双眸には火、髪には稲妻。
 異形の乱神を使役するのは、高廉と公孫勝──黒と白、陰と陽とに道を分かった二仙客は、もはや言葉など届かない、天空の戦場に対峙した。


絵巻水滸伝(第7巻)(第四十九回 風雲より)
[PR]

by suiko108blog | 2010-12-12 00:03 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)


<< ★『歴史人』2011年 01月...      『絵巻水滸伝』ハイライト(94) >>