2010年 11月 20日
十節度使
梁山泊の良き友だった節度使徐京が、先日壮絶な戦死を遂げました。
その死を悼み、また冥福を祈って、十節度使の面々を振り返ってみましょう。



b0145843_1165773.jpg




“西北風”荊忠

清河天水節度使。隻眼で、顔には無数の疵がある。盗賊として若年より西方の砂漠を縄張りとし、往来する隊商を宋国人といわず西夏人といわず餌食にしてきた。部下には異民族が多く、“西北の風”とは、その軍の敏捷、苛烈なことを云う。招安を受けて節度使となり、討伐戦で呼延灼と戦うが、二十合程で双鞭に打たれて死んだ。


『絵巻水滸伝/第86回「迷路・後篇」』公開中! キノトロープ/絵巻水滸伝
[PR]

by suiko108blog | 2010-11-20 00:31 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)


<< 十節度使      十節度使 >>