2010年 08月 30日
『絵巻水滸伝』ハイライト(62)
『絵巻水滸伝 第5巻〜天魁星受難』ハイライト(9)

「あれは──」
 城壁の高みから、男は飛んだ。
「“摩雲金翅”──!!」
b0145843_23505649.jpg
 男は一陣の風のように地上に降り立った。黄金の鷹が、その肩に止まった。
b0145843_23513619.jpg
「黄門山の欧鵬──」
b0145843_23515716.jpg
「──故あって助太刀いたす」
 黄門山の賊の首魁、“摩雲金翅”欧鵬。“天翔ける金の翼”の名を持つ男──常に黄金の鷹を伴い、自ら血風の中に舞い降りる。欧鵬は鷹を放つや、背負った鉄棒をすらりと抜いた。




絵巻水滸伝(第5巻)(第三十七回 迷竜より)
[PR]

by suiko108blog | 2010-08-30 07:07 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)


<< 『絵巻水滸伝/第85回「春望・...      『絵巻水滸伝』ハイライト(61) >>