2010年 08月 08日
『絵巻水滸伝』ハイライト(45)
『絵巻水滸伝 第4巻〜清風鎮謀叛』ハイライト(9)


「───来る」
「なにが来るのだ」
 地響きが足元から伝わってくる。
 疾走してくる馬の蹄鉄の響き、武器の音、そして、鯨波──大軍が清風鎮に向かってくる。
「慕容知府からの援軍でしょう」
 夫人が言った。
「それにしては早いこと」
「違う──」
 音は、青州の方角ではなく、北から──清風山から轟いていた。
「清風山の山賊だ!!」
 まだ暗い北の道にもうもうと砂塵が舞い上がり、一群の男たちが疾風のごとく寨をめざして突進してくる。鳥の尾羽を頭に挿した山賊たちが見えた。先頭には燕順と王英がいる。両翼には弓を手にした花栄と宝燕の姿があった。
b0145843_122752.jpg



絵巻水滸伝(第4巻)(第三十二回 解纜より)
[PR]

by suiko108blog | 2010-08-08 01:04 | 絵巻水滸伝のススメ | Comments(0)


<< 『絵巻水滸伝』ハイライト(46)      新潟日報 >>