2009年 06月 28日
★『絵巻水滸伝・第3巻〜血戦鴛鴦楼』予告
『絵巻水滸伝』第二部も連載再開から既に一年が経ちました。梁山泊と官軍の戦いもいよいよ大詰めです。
現在、『絵巻水滸伝』第一部全十巻が、魁星出版から発売中です。ネットに掲載されたイラストを含め、描き下ろしも多数収録、各巻それぞれ200点以上の挿絵がオールカラーで掲載されています。テキスト、イラストとも、可能な限りの加筆・訂正を行いました。

b0145843_1585488.jpg
  その若者は、名を〝武松〟と云った。
  あだ名は未だ、ない。

  〝及時雨〟宋江との邂逅によって、又ひとつ、星が目覚める。

  一双の眼光、星のごとく、
  両彎の眉、あたかも漆を刷きたるがごとし。

  心雄胆大にして、萬夫も敵し難きの威風あり。

   後に〝打虎行者〟の異名を馳せることになる快男児も、
   いまだ一介の無頼にすぎない。

   武松よ、怒れ!
   武松よ、走れ!


  数ある水滸伝故事のなかでも、異色の〝武十回〟。

[PR]

by suiko108blog | 2009-06-28 02:30 | 絵巻水滸伝 | Comments(0)


<< ★『絵巻水滸伝・第3巻〜血戦鴛鴦楼』      ★『絵巻水滸伝・第2巻〜北斗之党』 >>